Y-NOTE by KENTMIYAZAKI

kentyano.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 19日

OB施主様。毎度おなじみ台風サイト特集です。どうぞご活用ください

毎度おなじみの台風情報サイト集

「台風が発生すると一番便利だ」とのお声をいただき
日本に影響がありそうなときに再アップすることにしています。

知りたい情報に直接行けます。
どうぞご活用下さい。

台風の現状を知りたい時は
●気象庁HPのトップが充実 http://www.jma.go.jp/jma/index.html

やっぱり天気図は要チェック、見やすいのはやっぱりコレ!
●気象庁http://www.jma.go.jp/jp/g3/


台風の経路予想をいろんな可能性から検討したい時は この4つ!!
●ウェザーニュース 台風進路予想http://weathernews.jp/typhoon/
●IMOC 国際気象海洋株式会社 台風経路図 http://www.imocwx.com/index.htm
●気象庁 台風情報http://www.jma.go.jp/jp/typh/
●米軍の台風情報http://www.usno.navy.mil/JTWC/
各社、分析も違うし、情報の入手する衛星が違ったり地上レーダーだったり
微妙に予想が違います。

米軍は早い時期からピンポイント予想をしてくれて時間や日にちもかなり正確で驚かされます。
ページは 2~3行目の "Graphic" の文字が入っている所が見やすい画像で、
中心点近くに [21/06Z] のように書かれているのが到達予想時刻。
時刻は諸説ありますが【協定世界時 = グリニッジ標準時間と同じ】が正解です。
ので、日本時間にするときは 9時間 加えてください。
(因みに Z の記号は協定世界時を表す軍事用語だそうです)
時々、台風の番号が違っているときがありますが、それは気象庁が台風の発生を認めてもJTWCが認めない場合、又はその逆の場合、番号に食い違いが起きるそうです。台風の名称で確認してください。
GoogleEarth とのオーバーレイ画像もできてより見やすくなりました。
Google Earth Graphic Overlay (KML)  をクリックしてください。
画像ですので自動更新しません。都度ダウンロードする必要があります。

≪台風進路による心構え≫
一般的に 【台風】 は

住まいの右側 = 宮崎なら 太平洋上を通る台風は【雨台風】=宮崎なら北西から西の風で始まり、特に「大雨」に注意!

住まいの左側 = 宮崎なら 日本海又は山側を通る時は【風台風】=北東から東の風で始まり、特に「暴風」 に注意!

と言われます。目安として頭に置かれておいてください。

降水量の予報ならズバリ ココ!

Yahooお天気情報http://weather.yahoo.co.jp/weather/zoomradar/
とっても見やすく情報取得できます

●国際海洋気象株式会社http://www.imocwx.com/guid.htm
普段は コンクリートの打設のタイミングや各外部の工程。遊びでは「これくらいなら、海行けるねえ」等と使います。

の予報を見るならココ!
●Sunny Spot気象情報サイトhttp://www.sunny-spot.net/wind/index.html?area=0 
レジャー別予報もあって意外と面白い天気予報です。

現在の宮崎の雨量や各河川の水位を知りたい時はこの二つ!
●宮崎県 河川課http://kasen.pref.miyazaki.jp
●国交省 川の防災情報http://www.river.go.jp/nrpc0302gDisp.do?areaCode=89
早め早めにチェックして 浸水・土砂災害にご注意ください。

台風の通過中は普段使っていない部屋の窓の鍵も全ーーーんぶ目視確認して
とにかく戸締りをして、家でじっとお過ごしください。


と言いながら家にいると気になる外の様子―。

外の様子を どうしても見たい時

川や、道路の状況は
●宮崎河川国道事務所のライブカメラ
http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/

海の様子が見たい時は宮崎が誇る波情報サイト
●いい波.com
http://www.ii-nami.com/

フェニックス動物園の動物たちはどうしてるだろう?などは
●宮崎市の動画配信サイト
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/cul/digicon/index.html

宮崎市大橋近辺の様子なら
●北一カメラさんhttp://www.kita-ichi.jp/livecamera.html


台風準備万端整いました。改めて、

『台風』の事を知りたい!情報を集めたい!ならこのサイト。
取っても為になります。

●北本 朝展 @ 国立情報学研究所(NII)http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/


早めの対応、早めの避難。最終判断は自己判断しかありません。
十分気をつけてお過ごしください!
事故ないことを祈っております。

[PR]

by kent_yano | 2013-10-19 10:56 | 住宅建築家「Y」のノート


<< 住宅のデザインとアイデンティティー      家をつくるときにいつも考えてきたこと >>