Y-NOTE by KENTMIYAZAKI

kentyano.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 18日

環境への配慮というビジネス

私達、住宅建築の専門家として考えるべき 

住宅から考える 環境への配慮 とは

何故家が必要なのかという 最も根幹的な性能に付いて論議する中で産まれてくるものです。

何故家が必要なのか?

その理由は 安定して休息をとる = 熟睡を得る空間 を確保するためという

とっても動物的な事であると言えます。

安眠を得るために、考えられる いろんな外厚に耐える空間であることが必要です。

地下鉄のダンボールで出来た家も 『個』 の最小単位として住宅と言えるかもしれませんが、

外からの攻撃や台風など自然に対する対処は無に等しく 

何より、人間らしく文化的であるとは言い難いです。

住宅は先ず、構造。

「基本的な生活が安心して過ごせ、地震や台風にも耐えられる。」

それを求めることは人間が動物である故の自然の要求であり、ごく自然なことだと言えます。

テレンスコンラン卿は言います。

『先ず構造の安定が得られなければ生活を楽しむゆとりは生まれないだろう』

構造の安定の上に成り立つ人間らしい欲求 = より快適であろうとする事こそが人間なのです。

私達が考えるべきは 人間のエゴを押し通すと自然への環境負荷が必ず生ずるということなんです。

そんな人間の功罪を認めつつも 負荷を最低限に抑えたいという矛盾。

住宅建築とは そのジレンマを抱えながら行われる行為だからこそ、
排他的な専門職なのだろうと思うのです。

自生する材料を使う方が環境負荷が少ない。

だから木造で丈夫な家を造る。想像しやすいですよね。
神様も許してくれると思います。

人として より快適に過ごすために何故 軒を出すのか?何故土間があるのか?何故漆喰だったのか?

暖かい家。涼しい家。丈夫な家。燃えない工夫。

昔から受け継がれた日本の家の工夫を 現代の技術に取り入れると驚くほど快適な住宅が出来るのではないか。

材料費をかけずとも工夫次第で快適になるもがあるのではないか?

そんな論議を尽くした後、はじめて補助的に機械設備は採用されるべきだろうと思うのです。

手に入りやすい 機械技術を安易に採用しコストをかけて採算性をはかることが 

建築設計の仕事ではないのです。
[PR]

# by kent_yano | 2011-06-18 13:37 | 住宅建築家「Y」のノート
2011年 05月 07日

扇風機のすすめ

昨年もブログに書きましたが改めて今年も一筆。

今年は春の菜種梅雨らしい雨も少なく、まるで地中海性気候になったかのような日々が続いておりました。
この時期はホントお家のリビングでお昼寝するのが一番幸せ・・・。

しかしこれに続くあの自分がアイスクリームになって溶けてしまいそうに暑くなる夏を予感させる日もでてきました。

そんな時は換気よりも空気が動くことが重要。


風が秒速1.7メートル吹けば体感温度が「1℃」下がると言われます。

私たちが施工した住宅では、外気より内部環境の方が安定していることの方が多いので「クーラー」より「扇風機」をお勧めしています。 (天井のファンは伊達ではないのですぞ!)

只、扇風機の風を長時間受け続けるとエネルギーを奪われるという指摘もあります。
ところが今年、2010年
扇風機の発明以来 初!風の質そのものを変えた扇風機ができたみたいです。

その名も 
GREENFAN
http://www.balmuda.com/jp/greenfan/


消費電力4Wという省エネルギー性もさることながらデザインもGood!!
お部屋に置ける扇風機ですねえ。
[PR]

# by kent_yano | 2011-05-07 22:31 | 住宅建築家「Y」のノート
2011年 04月 19日

すべての言葉は枯葉一枚の意味も持たないかのようであった

久しぶりのブログです。前回地震の話をした直後に大震災。続く言葉が見つからず過ごしておりました。
今日は 2011年4月3日の朝日新聞の天声人語をそのまま転記させていただきます。


  日常というものがかくも微塵(みじん)に破壊された光景
  を見たことはないと、遅ればせながら被災地に入って思
  った。
  材木、瓦、ミシン、仏壇、めがね、電動歯ブラシ、家計
  簿、かつら、割れた便器。
  ありとあらゆるものがねじれ、ゆがみ、ひん曲がって、街
  が集落が消えていた

  阪神大震災のときは翌日神戸に入った。
  あれほど壊れた街を見ることはもうないと思っていた。
  しかし――。
  「すべての言葉は枯れ葉一枚の意味も持たないかのようであった」。
  アウシュビッツを訪ねた開高健の「うめき」が脳裏をよぎっていった

  当事者と非当事者との間にある越えがたい深淵(しんえん)。
  そこに懸ける言葉を持ちうるのか。
  「(3・11を)ただの悲劇や感動話や健気(けなげ)な物語に貶(おとし)めてはいけない」。
  作家のあさのあつこさんが小紙に寄せた文の一節を、きびしく反芻(はんすう)した

  たぶん私たちも、言葉が枯れ葉一枚の意味も持たない壊滅状態から、ともに歩み出すしかないのだ。
  深淵を飛び越えたつもりの饒舌(じょうぜつ)は、言葉の瓦礫(がれき)にすぎないとあらためて思う

  取材した気仙沼から石巻まで、大小の良港のある陸前は今が早春。
  『ふなばらを まつ青にぬりたてられて うれしさうな漁船だ ――鮪(まぐろ)をとりにでかけるところか
  ああ、春だの』 (山村暮鳥)。
  こうした平穏は今や遥(はる)かに遠い

  女川の町は文字どおり無くなっていた。
  女性がひとり、這(は)って形見を探していた。
  「泣いても泣いても泣けてきて」。
  国をあげての長い試練となる。
  懸ける言葉を絞り出したい。
[PR]

# by kent_yano | 2011-04-19 11:52 | 日常の「Y」
2011年 02月 28日

最近、地震が来ない!?

先ほど地震があったそうだ。
僕は6年前に建てた花山手のT邸で二階の子供の勉強部屋の間仕切り壁工事の
仕上塗装を見守っていた。
全く気付かない。奥さんも気付かない。誰も。

実はこのようなことは珍しくない。

今回の改装工事に入る前 住み心地をお伺いした。

「地震によるクロスのゆがみも見られず大変健康な状態ですね。」
と僕が言うと、夫婦口をそろえて、
「最近、宮崎では揺れるほどの地震が来ないですよね。」
とおっしゃられる。

昨年 築10年目にして 3階小屋裏を増築?した 池田台のお家も。
「新築してから 地震 来ませんよね」と言われていた。

阪神大震災の被災して敏感だとおっしゃられていた東大宮のご家族でさえ、
昨年の夜中にあった震度3の地震に気付かず、寝ていたそう。

神宮のNさんは電話で話してる最中 先方だけが地震に騒いでて、自分は全く分からなかったそう。

加えて樹脂サッシを採用された方は 新燃岳の 空震にも気付かなかった方が多い。

ニュージーランドでまた痛ましい災害が起きた。
痛ましい災害が起きるたび住宅の耐震性が問題になる。
「日本では考えられないです。新しい耐震基準の建物だから安心です。」
とテレビのコメンテーターは言いながら、
翌年くらいに耐震基準の法律が厳格化されるのが日本の通例。

そんな未完成な木造建築の基準にとらわれることなく
ケントミヤザキでは命を守るお家を造り続けたい。
地震災害が起きても基本基準が変わらない、それだけ確立したモノコック構造を軸とした
2X4の設計ルール(告示1540号)で、家を考える。

故に、設立以来 耐震性には自信をもっている。

個人差はあるにしても 住みだして、揺れたことが無いというのは

耐震性の高さを表す名誉な感想である。

(というと木造は揺れで力を流すという方が出てきます。それは寺社神殿の伝統工法で
現代の一般木造住宅は金物強度に頼った軸組み壁工法なので別物と考えたほうがいいでしょう。今も研究中といえます)


「地震で死ぬのは人間だけだ」 とはある登山家の弁。

命よりも優先される、デザインなどあるわけが無いのである。
[PR]

# by kent_yano | 2011-02-28 10:27 | 住宅建築家「Y」のノート
2011年 02月 07日

ひな人形飾りつけました

先日、家の中で 季節が変わっているのを感じたら春を思い出し、
いつもは3月3日ギリギリに登場するお雛様が、
今年は早々にお目見え。

玄関入って直ぐの土間のある和室で お出迎えしてくれる。

高岡あたりでは雛山作ってる季節だが
当家ではこのくらいで控えめに・・・。

僕は 常々和室という部屋よりも 【床の間】という空間の方が必要だと思っている。

只、クライアントの和室への要求は今でも強い。
多くはゲストルームを兼ねての事なので、それならリビングにソファーベッドでも事足りる。
予備室としての和室はあまり重要ではない。

僕が云うのは、正月の鏡餅・ひな飾り・五月人形・月見の団子 などなど
季節の御まつり事を伝える空間としての床の間が必要だと思うのだ。
ので【季節の定位置】であるなら
玄関横の飾棚でもいいし、壁のニッチェでもいい。
家族の目に触れ、日本人の季節感を黙って語る事が出来る場所をつくっとく。
それくらいがカッコいい。
無論、和室に床の間が理想であるが、
人目に触れない床の間ならお勧めしない。

そういえば、娘二人だが、一人づつにひな人形が必要なのだろうか?
ある人のTWITTERで
「ひな人形は子供の厄災を身代わりになるものだから母から子へは受け継がないものだ。」
なる書き込みがあったので気になった。

そういえば母親がしきりに下の子にも買いたがっていた。
置く場所がないと断っていたけれど。
f0189527_11455831.jpg

[PR]

# by kent_yano | 2011-02-07 12:15 | 日常の「Y」
2011年 02月 04日

季節の移ろいを家で知る。

暦の上では『春』であるが実感は少ない。

今朝、リビングの西側の壁に四角いオレンジ色が現れた。

正体は直ぐに分かった。

東側の娘の部屋の窓から家を一直線に突っ切って西のリビングに朝焼けが差しだしたのだ。

12月に引っ越して初めてみる光景。

先日はリビングの天窓に満月が見えた。

何気ないふとした瞬間、

変わる家の表情で

季節を知るのも家の楽しみなのであーーーる。
f0189527_17292935.jpg

[PR]

# by kent_yano | 2011-02-04 17:29 | 日常の「Y」
2011年 01月 29日

固定資産税評価

新築した家の固定資産評価の調査が来ました。

住宅は社会資本である事に疑いの余地はありません。

個人の資金で、国家の財産を整備させ、税金まで払います。

そんな一生支払う税金の元となる建物の評価をする方々が建築のことを殆ど知らない方だと知るとなんとも心もとない、というか、真剣に家づくりしている僕としてはやるせないのです。

構造は木造・鉄筋コンクリート・鉄骨 程度の分け方で 仕上げは 上とか 並とか、

断熱材は厚みだけで判断し、天井の高さを測るが

横3尺X縦6尺という建築規格も知らず、規格外品、特注だとか既製品だとかは関係なく

キッチンで言えば メーカーの既製品以外のキッチンの存在すら知らず、

「システムキッチンの上中下」 とかで 評価する・・・。

僕たちが常にコストと戦っていることなんか全く関係ない様子。

そもそも社会資本を評価するに当たって

キッチンとか住宅設備を固定資産として評価する事自体何の意味もない。

100年後も、100年前のシステムキッチンの価格が税金の評価基準になってるなんて

ナンセンスです。
[PR]

# by kent_yano | 2011-01-29 15:44 | 住宅建築家「Y」のノート
2011年 01月 27日

kentyano の Plus Hair な 日曜大工

年末年始、個人的に思うことあって、友人のショップの棚を二人で工作した。

と言っても結構な本棚。

カットして、色塗って、ビスでとめて。

本格的にするならシャクって・落とし込んで・ダボ打ってするんだろうけど

そこはそれ、自性 『プロの日曜大工』

専門的には大八にもなれないんだけど。(「だいはち」と呼びます。だいくになれない半人前の事を指す業界用語)。

まあ、モノづくりが嫌いでこの仕事についてるヤツもいないのですが。

なんだかんだ言ってもよくできまして、その様子を前山君がアップしてくれていますので

そちらにリンク

中々さまになってるざましょ。

何とか棚を安くできんか?という思いでやってみたんですが。

こんなんでよろしければ出来るんですが・・・って、こんなんとはどんなんと言われる方は

宮崎市大橋2丁目GOODFELLOWSさんで見てきてくださーーい。(笑)

お手伝いします。時間掛かるけど・・・。
[PR]

# by kent_yano | 2011-01-27 18:16 | 休日も「Y」は考える
2011年 01月 27日

地震? 火山性微動のようです 改め 空震だそうです 改め 空震です

27日昼→昨夜の揺れは『火山性微動』ではなく『空震』の可能性とお昼のニュースで言ってます。
訂正。 初めて聴く言葉です。(13:00改)
27日夕方→『空震』で確定しました。(27日夕方のニュースにて)

そして思う、
『災害時、一番最初に知りたいのはやはり【情報】
なにが起きているのか?それから、次の行動を考えます。
元来、人の恐怖とは予測できないことに直面する事なのかもしれません』
実家の母は1人不安で寝れなかったそうです。



27日午前2時半の深夜の話

何が起きているのか解からなかった。
時々 揺れた気もするし
窓が みしみしって 風?
電球が揺れてはいない。
乾燥機?違う
洗面所の引き戸がゆらゆらしている。
西に面した吹き抜けの窓がみしみし 云ってる。
ベランダに出ると風は無い。なんか重低音が響く気がする?

ウェザーニュースの地震即報も流れない。
気象庁もNHKもなにも言わない。
妻も子供も寝ている。
何か起きてるの?俺だけ?我が家だけ?
ごそごそと
外に出ると同じように不安な人が通りに出てる。
隣はもっと揺れてる。
やっぱり我が家だけじゃないんだ。
何故かほっとする。

ウェザーニュースの一般人の投稿現地リポートや
TWITTERなどで情報収集
ようやく理解?

これが噂に聞く火山性微動?

原因がなんとなく わかっただけでも一安心。
こちらの画像でおそらく間違いないと自分で確認。
http://kirishima-live.jpn.org/
実はこのネタもTWITTERの投稿から

一言、ネットの防災情報でも何でもいいから 公式なコメント発表してくれるとありがたいのだが・・・。
1月27日午前2時56分
[PR]

# by kent_yano | 2011-01-27 02:56 | 日常の「Y」
2011年 01月 23日

クラウドHacks! 読みました

キーワードとして耳にする『クラウド』
改めて、
『クラウドHacks! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル:小山龍介 著』
を読みました。
 
大変簡単でわかり易くまた、実務的にも具体的に書かれた この本を読むと

クラウドコンピューターの世界が可能にする事
I-phone や I-pad が したい事。
今新聞紙面で見る 世界中で起きているまた、起ころうとしている事のほとんどが繋がります。

身近な話だと、

匿名性の【2チャンネル】から 個人・企業の【ブログ】、【Twitter】、そして実名性の高い【Facebook】 
IP電話 Skype Wifi通信 電子書籍 テレビLAN デジタル放送 アクトビラ
TPP貿易 etc etc ・・・・・・。

そして思った事!

クラウド時代は地方都市、宮崎の経済を救う!!です。

クラウド時代のワークスタイルを 『ノマドワークスタイル』と名付けている通り、
遊牧民のように 世界中の距離のハンディをリアルタイムで克服し、
いい意味での実名性によって ごまかせず、
資本力によって左右された宣伝力=知名度を補う事が出来そうだから。

今回、ケントミヤザキでは 神戸のホームビルダー 【Hailand】さまの丘の上の住宅のデザインをさせていただく事になりました。
社長の岩本さんとは 5年来のお付き合いで、全国のいろんな勉強会でもご一緒させてもらいましたし、
年も近い事もあって気安く、業界のお話を 腹を割って話せる貴重な友人でもありました。
そんなおつきあい中で 私達のデザインを認めていただき、何度も宮崎に足を運ばれ、
これなら神戸でも絶対イケるという、確信を持ってご依頼いただく事になったのですが、
神戸で、宮崎の建築士のデザインである事を不動産会社の営業に伝えると 
やはり最初は難色を示したそうです。
それを説得していただいたのは、岩本さんの強い信念もありますが、
5年間の信頼関係と実績と数回に渡る宮崎への訪問。
もちろんこれまで発信してきたホームページやブログでの情報や、
メールでの写真や図面のやり取りが出来て 初めて可能になった、賜物です。

今後、この労力と時間と距離をクラウドは短縮・簡易にし、
その上、全国に営業までしてくれる可能性を持っています。

既にクラウドに対抗したり乗っかったり はじめてる企業はたくさん。
ツタヤはなぜ100円レンタル?しかも〒返却。
ヤマダ電気がショッピングサイト運営。
リーバイスのアジアヘッドオフィスはなぜ フィリピン マニラ? 
DELLコンピューターの宮崎事務所
などなど 

この本では大企業でしかできなかった顧客管理やサービスをクラウドを使って、
個人企業でも簡単に手に入れる事が出来る時代が来ている事を示唆してくれます。
只便利な機能ではなく仕事に活かすクラウド。
経済活動の変革は
ビル・ゲイツが私財を投じて原子力発電開発に力を入れた事でも見て取れます。
エネルギー問題を解決できれば 戦争の要因は消え、
石油メジャーに牛耳られた西欧中心・首都中心・重工業中心・石油中心経済は
終わると考えてのことかもしれません。

という事で今まで通りの目線で、
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)を見てしまうと、
宮崎の農業にとってマイナス面ばかりが目立ちますが、
クラウド時代で 『情報格差が是正され』『価値観が改めてリセットされる』としたら?
自由貿易の残る障壁は国内の法律問題だけで、同一経済圏において生産性は上がります。
確かに 競争相手も増えますが 農業だけでなく あらゆる産業で
 『ビジネスパートナー又は消費者の意識は継承される』 事を意識した
一発屋でない 『継続的な事業(土着的又は永続性を意識した)システムを持つビジネスモデル』 が
ますます重要な時代になるだろう と思いました。
(これは間違いなく 私達が行ってきた活動の延長線上にあります)

そう考えれば 県自体 重工業に依存していない分 新たなメリットは多いかも?

避けられない大きな台風がまっすぐ向ッて来てるのを天気予報で知れば 対策は立てられる筈。
大きなことはできないけれど 正直にいいモノを作れば報われる時代になったと信じます。

とクラウドHacks!の本で 素人が日本経済と宮崎の行く末まで妄想していしまった(笑)
[PR]

# by kent_yano | 2011-01-23 11:34 | 日常の「Y」
2010年 12月 25日

室内温度と体感温度

おはようございます。

今朝は久しぶりに寒くなりましたね。 予報では0℃と言ってましたが宮崎ではワンシーズンに数回程度の寒さです。

パッシブソーラーハウスの設計手法では
「室内温度を朝布団から出られない温度以下にならないように」という目安があって、断熱性能の目標になっています。
その温度が【9℃】です。



今朝、娘が、「寒くて目が覚めた」と言ってましたが 
室内温度は 3階子供室20.03℃、2階リビング19.01℃
はるかに上回っていますし、イケアの安いと言っても一応 羽根布団で包まっているのに目が覚めるほど寒いはずないし・・・。
実際、目の前でトレーナー一枚で 朝ご飯食べてるじゃん、なんて思ってたんですけどね。

そこで思い出したのが
「人の体感温度は前日の気温など人体蓄熱量によって左右される」
の研究。
その事を詳しく紹介するHPもあります。

以前本ブログの『気温と洋服』の稿で何℃になったら 洋服を変えるかという話を書きました。
最後の 「より正確にお求めになりたい方は」 という下りのところです。

詳細はそちらに お任せしますが、寒ければず―――と寒い方がマシだって話です。
北海道の人が「0℃なんて今日は暖かい」と言われるゆえんでもあります。

以前はプロ野球のキャンプでマイアミとか暖かいところで身体作っていきなりシーズンインしていましたが、
最近は 巨人やソフトバンクの影響か 試合する環境に順応し易い 宮崎ぐらいがいいと考えているトレーナーも多いらしいです。(まっお金もないんでしょうが)
確かに沖縄キャンプの後わざわざ宮崎で二次キャンプする球団いますね。忘れたけど。

昔からいわれる 「身体がなれる」 っていうのを証明しただけなんですけど、

今朝、最も寒く感じたのは一階の玄関ホール 12.3℃ でした。Ryu's Baseさんからもドアの気密性についてご指摘頂いてるんですが、バリアフリー仕様のドア規程の段差を無くさなければ解決なのですが・・・。日々研鑽

まあ、それでも外出て ホントの寒さを実感したんですけどね。
丁度 隣の奥さんが家から出たところで心底、凍えてました。
「外は寒いですね――」と言っときました。

ちなみに娘や女房も【寒い】と言わん、室内温度は  【22℃】  というのが我が家のデーター。
先の半そでと長そでの境目の温度にも合致するので、
イコール万人が文句言わない温度も22℃って事でしょうな。

詳しくお調べしたい方にもうう一度ご紹介 コチラ。
[PR]

# by kent_yano | 2010-12-25 10:23 | 住宅建築家「Y」のノート
2010年 12月 19日

断熱材の話

先日、現在計画中の奥さまから断熱材について質問があった。

「SGーBOX で採用された 羊毛断熱材とグラスウールの違いと合わせてセルロースファイバーなどについて性能や価格、環境についても教えてください」という内容だった。

断熱材についての総括のようなレポートを簡単に書いたので、この機会に皆さまにも御報告。


以下

断熱材について


断熱材についていろんな評価のしかたがありますが、施工する側が区別すると、
その施工方法により二つに大別できます。
工場で造られ、現場で大工さんが施工する          【工業製品グループ】
原材料・施工機械を持ってきて現場で一棟づつ施工する  【原材料現場施工グループ】
の二つです。

特徴性能は?(これは住宅建築家矢野としての意見です。それぞれの専門家はそれぞれ一番の意見があると思います)


【工場製品グループ】

○グラスウール断熱材(ガラス繊維)
グラスウールの日本シュアがどれくらいあるのか正確に把握はしていませんが、ダントツに高いというより殆どがグラスウールです。
その大きな理由は、
軽い・形が自由になる・施工性が優れている・燃えにくい・製品自体安い。(また軽く圧縮できるので運搬費も安いです)
等が上げられます。基本的に大工さんが施工します。
一時、湿気を吸ってカビが生えるなどと言われたりしましたが、原因は高気密高断熱住宅の特徴的現象である壁体内結露に対する施工不良が原因で、耐水性の高いグラスウールが悪いわけではありません。
ので、包まれた防湿シートのまま施工する又は、防湿フィルムで補うなどの注意が必要です。
ロックウールも略同じ特性を持ちます

○ポリスチレンフォーム系
スチレンフォームがボード状に加工され運ばれて来ます。大工さんが施工します。
水にぬれても断熱性能が変わりにくい断熱材として 外部にも使える。
しかし、隙間が出来たら補修しづらいし、白アリが好きだしと施工性は今一。(だと思う)
外貼り断熱として寸法通り全面に貼るならいいと思うけど、隣家の火事で中だけ溶けたらと思うとなかなか使いづらい。
蓄熱性の高い鉄筋コンクリート造に一番向いてると思う。



【原材料現場施工グループ】

○セルロースファイバー

使用済みの古紙、新聞を粉砕 ホウ酸処理したものを現場にて 吹き付け 又は 充填 する方法。

○アイシネンなど
基礎原料のレジンを現場で壁に直に吹き付け、化学反応で発泡させる方法(施工後は完全無害と言われる)
その他の発泡系断熱工事は発泡や吹き付けにガスを使用するのですが、
アイシネンは 空気を発泡させ固定化するので無害で理想的だとされます。
北海道などは気密性も高まることから人気があると聞きます。
いづれも現場施工で隙間なく充填され熱欠損が少ないというのが最大の利点です。

いずれも、科学的に難燃性を持たせてあります。



【工場製品&原材料現場施工グループ?】


○羊毛断熱材

グラスウールやロックウールのような現場での施工性・お手軽さと、現場吹き付けのような熱欠損が少ない性能確保のし易さを併せ持つような断熱材。
ニュージーランドの羊の毛そのままですから 完全自然素材な上に 永続的建築材料として 環境貢献度はピカイチです。
ホウ酸処理してあるので防虫性もバッチリ、沢山敷き詰めてバフッと飛び込みたいです。(グラスウールだとチクチクしてとんでもない事になります)
しかも湿度を吸放出するので部屋は快適になるし、
その他の断熱材のように防湿層フィルムを使わずとも壁体内結露を起こさないので
仕上げのビニールクロスで湿度を止めるのがもったいない位です。
しかもしかも、ジャンボジェットの床断熱にも採用されるほどの難燃性能と自消性(火が点いても自分で消える力)が高いと聞くと・・・。
断熱材としては理想に近いと感じます。


【コストは?】

通常 建図宮崎で確保する 次世代省エネルギー仕様工事(一般よりコストかかってます)の
グラスウールを 1 とした時
ポリスチレンフォーム 1.75倍
アイシネン  3.75倍 
セルロースファイバー  高いとだけ覚えています。アイシネンと同じくらいだった記憶が・・・。
羊毛断熱材は  2.66倍

30坪から40坪くらいの住宅で 約20万円前後のプラスとなります。


断熱材は沈黙の建材と言われ一度施工すると換えることはありません。
健康や環境を考えた建材を検討するのは 当然なのかもしれません。
只、断熱材は 高いから 性能にも環境にも 優れているとは言いきれないように思います。
断熱性能は熱伝導率と厚さによって決まり、宮崎の温熱環境においてはどの断熱材を使っても目標性能に達します。
特に2X4高気密高断熱住宅では壁からの熱の逃げは少なく、むしろ窓の性能を高めた方が家全体の断熱性能は上がります。
ここが悩ましいところです。
加えて環境への考え方は人それぞれ、断熱性能は同じであるならプラス何を求めるかは個人次第。

あるご主人は
「性能が一緒で壁の中に20万使うならリビングにマッサージチェア買う」
とおっしゃられ、もっともだと思いました。
また別の奥さまは
「見えないところ、変更が効かないところだからこそ良いものを採用したい。」
とおっしゃられ どちらも正解だと思いました(笑)

断熱材の巻でした。


誤字脱字などは寛大な御心でお許しください(^^)
㈱建図宮崎
矢野崇幸
[PR]

# by kent_yano | 2010-12-19 07:29 | 住宅建築家「Y」のノート
2010年 12月 14日

sugger-Base

花山手SUGGERーBaseの内覧会を開催いたします。
花山手という宮崎でも特別な住宅地に立つクラフツマンスタイルの洋館。
敷地面積42坪。南に面した7、5メーターの間口に納められた家族思いの家。
実はお施主様と建図宮崎の出会いは5年を超えます。
いろんな紆余曲折があってようやく迎えた完成内覧会。
ず―――ーっとケントを好きでいてくれた事に感激です。
その間にお子様も大きくなっちゃって、家族の生活スタイルも決まって、さてこれから次のステージへの第一歩。
バイク好きの御主人の重いの詰まった一棟になりました。
是非、お越しください。
[PR]

# by kent_yano | 2010-12-14 14:09 | 日常の「Y」
2010年 12月 03日

家の『まっちゃん』2

以前、スージーズーの『ぶーふ君』に『まっちゃん』と名付けた我が娘がテレビを見ていたら、

「あ〜、まっちゃーん!何でテレビに出てると?」
と驚いた声。
見るとケンタッキーフライドチキンの宣伝でした。

このおとぼけはネタか?
笑ったけど(^^)
[PR]

# by kent_yano | 2010-12-03 22:30 | はははhの「Y」
2010年 11月 24日

Y-baseの話

Y-Base がようやく完成し、後は外柵や作庭のみとなりました。
この家を見ると、土地探しの条件を少し変えてもいいかなと思うはずです。
今回のプロジェクト
【敷地条件と 家族が豊かになる住宅の条件が別である事の解答を出したケントらしい住宅】と言えます。

先ず、この45坪の土地は 間口わずか7.8M、奥行き20Mの東西に長――イ形状で
売りに出したけど 長く全然売れなかった土地でした。
なぜなら元々古いアパートが建ち並び、隣地の東南北 三方向とも敷地境界ぎりぎりにまで二階建が建てられ、結構な圧迫感を放つ上、 南からの光は一見望むべくもない状況なのです。
唯一交通量の多い西側の道路からは道を隔てて4階建て病院官舎の垣根の緑が見えるのが救いなくらい。一般的には全く興味もわかない土地だったでしょう。

得られるのは、その緑と西日・東西風・パッシブソーラーには全く向かない条件。

『ならば逆説的パッシブソーラー?ハウスを造ろう。』
得られない太陽の恩恵を補うために内部熱を大切にしよう。
こんな土地でも降り注ぐ天空からの太陽熱は利用しよう。
でもサーマルルーフによって室内への熱は遮熱して小屋裏も広がりを演出する空間構成の一部として有効に利用しよう。
元々、望めない一階の太陽光。 
ならば、京都の町屋のような『通り庭』を造り、風の心地好さを感じる空間とし、
二階の開放感を演出するためのデザインに活かそう。
しかも、この空間はだれもが懐かしいと感じ、いつでも来訪者を迎える空間として
この空間こそ 緊張感を持って造ろう。
手の届きそうな燐家の窓。 目線を隠し 光を取り入れる窓としよう。
何より生活動線を犠牲にしない、 【狭いからしょうがないと言わせない】空間を造ろう。
他にも、二階の木壁の浴室、吹き抜けのリビング、吹き抜け一面の高さ3.8Mの本棚と、中空の渡り廊下、鉄製手摺、完全オリジナルのオークのキッチンには 業務用ガスコンロ と IH調理器
などなど、生活を楽しむ為のいろんなノウハウと挑戦も満載。
特に木製デッキを望むリビングから眺める借景の緑は【敷地の狭さ】や【南からの光が入らない家】である事を完全に忘れさせてくれます。
結果、説明しなければこの家がそれだけのハンディを持っている事など微塵も感じない家となりました。

加えて この家の挑戦はデザインだけではありません。
テレンス・コンラン卿の【構造の安定が計られなければデザインを楽しむことはできない】の言葉通り
宮崎初の 自社設計による2X4木造3階建てで、最高耐震等級の『3』を取得した【長期優良認定住宅】なのです。
2X4のリーディングカンパニー建図宮崎の設計力・施工技術の高さを結集しました。
もちろん、市街地でも安心の 【省令準耐火建築仕様】で【高気密高断熱】
【省エネルギー性能】も最高等級『4』を取得。この家全体を14畳用のクーラーで補い 同じ容量の床暖房で冬を過ごすという、試み。 これも正当なる【パッシブソーラー住宅】です。

豊かな家を造る為に土地が絶対でない事を証明する家が出来たと思います。
(この土地の取得費は清水町でありながらハンディがある分 1050万円 でした)
是非この機会にゆっくりとご覧ください。

㈱建図宮崎
建築設計・意匠設計 矢野崇幸
[PR]

# by kent_yano | 2010-11-24 10:51 | 住宅建築家「Y」のノート