Y-NOTE by KENTMIYAZAKI

kentyano.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 12日

ラッセルホブス(RussellHobbs)の電気ケトル

f0189527_14441993.jpg

僕はコーヒーが好き。

豆へのこだわりは少ないけれど、
しっかりローストされて、ホンワリ芳ばしいコーヒーを一日4~5杯は飲みます。

一杯目は朝、みんな出かけた自宅で一人。
ダイニングテーブルで新聞読みながら電子ケトルのお湯で一杯づつコーヒー入れます。
この時、お湯の注ぎ方だけが ちょっとこだわり。

お湯を一度沸かしたら冷めるに任せて少しずつ、
ご教授頂いたジャズバーのママ曰く、
「沸騰したお湯では硬くなる。だらだらと、ちびちびと、一杯入れるのに5分以上かけてもいいくらい。焦らず少しづつ・・・。」
決して豆を泳がせず ちょうどお湯で全体が膨らむ感じで お湯を少しづつ注ぐのです。
こうすると同じ豆でも 角の取れた深みのある味になって香りが驚くほどたち上がります。

そんな、普段の僕の電気ケトルを買い換えちゃいました。
買い替える経緯にはちょいとお茶目(?)な事件がありまして・・・。
先日、妻のお母様が遊びに来て、長年愛用した T-fal君 を
コンロにかけちゃうという さだまさしの歌詞のような失敗をしてくれました。

僕としては唯一 注ぎ口に不満があったので いい機会と思い!!
奮発!!
ラッセルホブス(Russell Hobbs)の 電気ケトルです!
ダイニングテーブルにおいても許せる クラシックで優雅なデザイン―。
且つ、使いやすい注ぎ口。
且つ、壊れにくい 単純な機構。

【機能から生まれる必然のデザイン】 の 電気ケトル版―。

今朝は早速、ちびちびとお湯を滴らせてきました。
うーーーん、満足。よりおいしく感じるゥ!!

by kent_yano | 2010-02-12 10:54 | 日常の「Y」


<< モスライモ      ただいま帰りました >>