Y-NOTE by KENTMIYAZAKI

kentyano.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 7 )


2015年 12月 04日

事務所のオリーブを収穫しました

f0189527_10032349.jpg
事務所の鉢植えのオリーブを収穫しました。水だけでこんな立派に実るんですから大したものですなあ。
「街中活性化のために花もいいけど野菜も実利的で面白いですよ」と提案したことあるけど、時を経て事務所で自分が実践するとは思わなかった。『橘通りオリーブ』として名物にならんかな(笑)
問題はこの後の作り方が分からんことだね。
[PR]

by kent_yano | 2015-12-04 10:03
2012年 12月 03日

家をつくるときにいつも考えてきたこと

家をつくるときいつも考えてきたこと。

暖かくて、涼しくて、
木肌のぬくもりを感じて、
庭の畑ともゆっくりと継っていて、
アナログで、収納もいっぱいあって、
地震にも、火事にも、台風にも安心して暮らせて、
家族の一体感があって。
新しくて、懐かしい家―。

宮崎市本郷(まなび野隣接)の 『Shore's』はそんな僕達の家づくりを
御施主様の思いと共につくり上げたお家。

懐かしくて新鮮なヨロイ貼りの外壁は機能的なパッシブソーラーデザインの外観を柔らかく街並みに溶け込ませることに貢献します。
木製の玄関扉を開けると正面の無垢木の壁がちょうどいい具合の土間で来訪者を迎え、
横から畑で採れた野菜を洗っていた奥様がお茶を出す。
『機能よりもデザインだけで選んだ家具をおいて許されるのは玄関だけだ。』とはコンランの教え。何かを考えるために一日ここで過ごすのも贅沢というものだろう。
靴を脱いで進むと、低い天井が一気にひらけ『家族は一つ』の思いが表現されたリビングが迎える。
リビングの一角には音楽好きのご主人の書斎コーナーがあってそこから座って見渡すと、
ロフトへ上がる無垢木の階段と鉄の手すりごしに、
低い天井のキッチン、土間への扉と、庭の菜園まで視線が通る。
視線の途中には家族が集まる大きなダイニング。
テーブルは同じ高さでキッチンと連続し、
一段下がった母の視線は天井の低さも相まって
自然とテーブルに気持ちが集中し、食事の楽しさを伝えるには十分な効果をもたらす。
機能と心がつながった、この父と母の対角線は
子供に何を伝えたいのか、何を教えたいのか、
家が無言で語りかける。
家は自分のアイデンティティーを表現するものであるとはこういうことなのだと思う。

今週末 12月7日(金)・8日()内覧会します。


矢野崇幸
[PR]

by kent_yano | 2012-12-03 11:12
2012年 04月 04日

台風・強風!?その時僕達は?アメリカの警報基準と行動目安を参考にしてみる

昨日の爆弾低気圧は予想外でした。
現場も風対策に大あらわでした。
台風やこんな時スタッフの安全を確保するのも社長の勤め。
当社では、米軍の気象センターが出してる基準を参考に自宅待機や片付けなど指示しています。
こういうの見ると、流石労働基準が世界一厳しい国ならではだなあと思います。
自宅や学校、などにも応用きくと思うのでご参考にされてください。

ちなみに1ノット = 0.514m/秒 なので
50ノット = 秒速 25メートル
34ノット = 秒速 17メートル   です

コチラにも詳しく書かれています
本朝展@国立情報科学研究所のQ&A

★Tropical Cyclone Conditions of Readiness(TCCOR)
次ぎに「TC-」ですが、これは台風の時に出される警報で、「Tropical Cyclone Conditions of Readiness(TCCOR)」と言われる警報です。意味は次の通りです。

TC-4
72時間以内に50ノット以上=25m/sの風を持つ台風が来る可能性があり、食糧や水を用意しましょう。

TC-3
48時間以内に50ノット以上=25m/sの風を持つ台風が来る可能性がありますので、庭に出している物をかたづけてましょう。

TC-2
24時間以内に50ノット以上=25m/sの風を持つ台風が来る可能性がありますので、外にある、風で飛ぶ可能性の有る物は、屋内に入れてください。

TC-1
12時間以内に50ノット以上=25m/sの風を持つ台風が来ます。学校は閉鎖されます。水、食糧、電池等をチェックしてください。

TC-1C (Caution)
34~49ノット以上=17m/s~24m/sの風が吹いています。12時間以内に50ノット以上=25m/sの風が吹く可能性が有ります。
 緊急の軍作業以外は外での作業を中止して下さい。また、通常勤務の人は帰宅して下さい。

TC-1E (Emergency)
50ノット以上=25m/sの強風が吹いています。停電の可能性もあります。屋外活動は禁止されます。ラジオやテレビで台風情報に注意して下さい。

TC-1R (Recovery)
暴風域は過ぎ去りましたが、まだ34~49ノット=17m/s~24m/sの風は吹いています。修理チームを除いて、屋外には出ないでください。

TC-SW (Storm Watch)
台風は過ぎましたが、台風がもたらした損害が残っている可能性があります。注意して通常活動を再開して下さい。

All CLEAR
台風は通過しましたが、嵐の被害に注意して下さい。学校は再開されます。

[PR]

by kent_yano | 2012-04-04 09:22
2011年 11月 21日

気温と洋服の関係

気温と洋服

宮崎はあんまり寒くない。冬でも急に寒くなったと思ったら暖かくなったり、毎日何着ていこうか悩みます。
秋くらいのニュースでこんなこと言ってました。

その日の「最気温」を基準にして、
○22℃~20℃…半袖と長袖の分かれ目
○20℃~15℃…秋物のセーター、または1枚羽織るもの
○15℃以下~ …冬服に着替える目安
だそうです。

ちなみに、コートやブーツは「最気温」が10℃になった頃が、
気温が5℃になったらマフラー、手ぶくろが欲しくなるそうです。
正確にはその前日の気温によって身体の蓄熱具合で大きく体感温度が変わるので
あくまで目安なんですがご参考に、、、。

より正確にお求めになりたい方はこちらへ

http://johonavi.jp/kisho/

(2008年12月3日初寄稿)
[PR]

by kent_yano | 2011-11-21 08:11
2011年 10月 03日

「パリでレンタル電気自動車!やっぱり環境問題は欧州が一枚上手」の話

昨年年のはじめにヨーロッパ車にハイブリッド車が少ないことが気になってブログに書いていたのですが、
今日の報道で経済情勢とは別に計画通り進んでいるのに 少し驚き、
環境問題に関する政策を経済産業省が主導するのが目立つ日本との差を強く感じた次第です。

記事抜粋


パリ及びその近郊では
渋滞緩和や温室効果ガス削減を目指し、24時間利用可能な電気自動車(EV)のレンタカー・サービス始まります。
路上や地下の約1000か所(パリ市内は約700か所)に、EVへの充電ができる無人貸し出しステーションを設け、どのステーションでも自由に乗り、車を返せるシステム。

 利用者は、月額12ユーロ(約1250円)の会費を払ってユーザーとして登録し、車を使う際は30分ごとに5ユーロの使用料を払う。
旅行者も、仏で有効な運転免許証を持っていれば、1日10ユーロで登録・利用できる。
別に電気代を払う必要はない。
当初は計数百台を配備し、来年中に3000台に増やす計画。
車の管理やステーションの運営は民間委託するという。

 パリ市のベルトラン・ドラノエ市長は2007年、
「市内の自動車交通量を2020年までに01年の40%に減らす」と公約。
渋滞で知られる道路事情や大気の質の改善に取り組んできた。

 同市は07年、中部の都市リヨンなどにならって乗り降り自由の自転車レンタル制度を導入。
無人貸し出しステーションは1800か所にまで増え、利用件数も1億回を超えた。

 「オートリブ」は自転車の仕組みを自動車に応用する試み。
各EVの動きを監視し、コールセンターが24時間態勢でトラブルの対応に当たる。
事故時にはタクシーを手配するなど利用者支援にも力をいれる」と自信を見せる。

(2011年9月22日 読売新聞から抜粋)

2007年には予算のかからない自転車から始めて実績を積んだなんて、日本ではむつかしそうだなあ。

以下は去年の2010年1月21日のブログです。

日本ではハイブリッドカーなどエコ減税対象車が売り上げを伸ばしているとの話を聞きます。
それに対して輸入車は・・・。やっとベンツが1400万位のハイブリッドカーを出すなど開発自体あまり聞きません。
環境先進国の欧州。なんか理由があるのかと思っていましたが。

とんでもない理由がありました!!!!
今日の報道だと、

欧州の電力会社が自動車メーカーなどと連携して電気自動車の為の充電スタンドなどのインフラ事業に相次いで参入!とのこと

フランス電力公社=2011年からパリなど大都市で充電施設を設置。一般消費者の利用を不便なく行うためのインフラを整備する。
ルノーと組み充電スタンドでの電気代の支払い情報などの共有も実用化する】

ドイツのRWE=ルノーと組み2011年に一般向け充電スタンドの整備を開始】

オランダでは=国内電力会社10社が電気自動車のインフラ整備のためのファンドを設立、2012年までに国内1万か所に充電スタンドを設置】

スウェーデンでは=バッデンフォールとボルボが組みハイブリッド車の充電スタンド網の整備を始める。家庭や公共機関の配電網は 電気自動車と接続することで大容量の畜電池として太陽光や風力など不安定な再生エネルギーの安定化につなげる見込み】

デンマークでは=電力会社・ルノー・IBMなどと組み風力発電で発電した電気を家庭の電気自動車を蓄電池として家庭用電力として利用する計画】

などなど、すでに各国 産官一体となって電気自動車の構想が着々とできていたのですねええーーー。
インフラを先に整備するってのがヨーロッパらしい。
流石!しかもクルマを家庭用蓄電池にしようなんてところは企業だけでは出来ない!
政府がしっかりしてるんでしょうねえ。
そういえばIBMもボルボも中国資本
がんばろーー日本!
[PR]

by kent_yano | 2011-10-03 11:37
2008年 10月 16日

テスト

送信テストです。
[PR]

by kent_yano | 2008-10-16 08:55
2008年 09月 22日

Blogページを一新しました!!

Y-NOTEのページを一新しました。

これからも応援よろしくお願いします。
[PR]

by kent_yano | 2008-09-22 10:54