Y-NOTE by KENTMIYAZAKI

kentyano.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 20日

これいけるじゃん!(^^)!

c0167443_12121042.jpg

c0167443_12121076.jpg

宮崎空港限定幕内弁当!
結構どころかとっても美味しいじゃん。宮崎の食材ばっかだし。好感度高いなぁ。揚げ物ばかりの弁当はうんざりしてたから、こりゃ嬉しい〓
[PR]

by kent_yano | 2008-08-20 14:37 | 日常の「Y」
2008年 08月 18日

パームビーチホテル

皆様、お盆休みはいかがお過ごしだったでしょうか。

 日々スケジュールに追いまくられ旦那の突然の休みに振り回される我が家では今回も 近場の 青島 パームビーチホテルに行って来ました。

地元だからこそ近すぎて泊まった事ないって人多いみたいですが我が家族はここ10年で既に8回ほど利用しています。お薦めですのでご紹介しておきます。

何が好きってこのロケーション!
市内から約15分。目の前は太平洋!ビーチに隣接、館内水着可。隣はご存知「こどもの国」、歩いて「青島」。車で5分圏内にゴルフコースは3つ。
しかも、もしあなたがサーファーだったら尚更好きになる筈。
日本で他にあるのか知りませんがサーフィンのブレイクポイントが部屋から見えるホテルという、サーファーにとって憧れのロケーションホテル
f0189527_9233725.jpgまあ、ポイント的にはビギナー向けのポイントですが、逆に子供にサーフィン教えるには最適な波ですし、サーフィンしてる間女房や幼児は涼しい部屋から眺められるなんて贅沢が出来るホテル。すぐ近くには上級者も楽しめる木崎ポイントもあるし、言い換えれば子連れサーファーが、家族に恨まれにくいリゾートホテルって訳です。

特に今回みたいに2泊3日で行くと一日は丸々遊べるのでGOOD!

自分だけ早起きして、部屋で着替えて、ボードもって海へ。一時間サーフィンして濡れたまんま、温泉に直行して身体ほぐしたら、みんなで朝ごはんバイキング。その後午前中、子供と海行って、その間、紫外線に弱い女房は部屋からゆったり眺めてて、昼ごはん食べに行って、昼寝して、ホテルの屋内プール行って温泉入って、夕ご飯。それから子供たちはアニメ上映会行って、僕たちはカラオケ行って、ピアノラウンジで一杯。
ぜーんぶホテルで出来るから大人も子供も安全安心。部屋に帰れば布団敷いてくれてて、バタンキューするだけです。
そんな使い方をする家族にお薦めの客室は高すぎない4階5階のエレベーター付近から南側の部屋です。ビーチも朝日も青島もゆっくり堪能できます。(エレベーターから北はこどもの国と木崎ポイントがチェックできこれはこれで好い眺め。山側はお手ごろ価格で泊まれます)

経営が変わってスタッフが気さくに応対してくれるようになったのは二重マル◎唯一 バイキング料理がイマイチになっちゃったのが残念だけど
 龍王の海鮮中華は変らずおいしかったです。

家族で海外もいいけど(まだ行ったこと無いけど)近場で時間たっぷり遊ぶのもいいもんです。  お陰で疲れずにゆっくりリフレッシュできます。

一度お試しアレアレ!!
f0189527_9243681.jpg
[PR]

by kent_yano | 2008-08-18 14:39 | 休日も「Y」は考える
2008年 08月 07日

住宅の太陽光発電を考える

「新築住宅の7割に太陽光発電を設置する」

と福田ビジョンを受け経済産業省が緊急提言しました。

喜んだのは誰でしょう?本当に環境貢献できるのでしょうか?

命を守れて 夏涼しくて冬暖かい家という人間の文明的な要求を満足させる家造りを 薦めてきたケントヤノ。
人間のエゴと環境に常に心を痛めてきた人間として 考えてみました。

結論から言うとケントヤノは
一般住宅において、太陽光発電装置は
 「検討の余地が多い設備である」と考えています。

「環境を考えて太陽エネルギーを活用する」
同感です。必要だと思います。
低炭素社会の目的はCO2などの温室効果ガスの発生を抑えることにあります。自分で発電する太陽光発電の利用は大変効果的と考えます。

現在、普及している太陽光発電は昼間の太陽光を利用して発電するシステムです。夜間は通常通り 電力会社の電気を利用することになります。

一般住宅のエネルギー使用量は
主に1/3を照明品・家電品(うち14%は冷蔵庫)。
1/3 を 冷暖房費。 残り 1/3 が給湯による消費量です。

設計者はこの消費を抑えるられるように、
建物を設計することが可能です。

●適切な窓を設置して、太陽光や自然風を取り入れ冷房・換気・照明の電力消費を抑える
●適切な遮熱・断熱を施して、冷暖房機器・冷蔵庫の電力消費を抑える
●排水の配慮と雨水の利用で水資源の汚染を守る
●昼間の 太陽熱を利用して、又はCO2を比較的に発生させない夜間電力を利用して、またはエネルギー効率の優れたガスを使って お湯を造る
●インバーターやセンサーのついた高効率家電に買い換え全体の消費電 力を抑える
●全体照明から部分照明に変えテレビ・照明の電力消費を抑える。

 などなど、、、。
これらに配慮して設計するだけで 今すぐエネルギー消費の38%近くを削減できるという結果が発表され、既に国交省からはガイドラインが造られています。
 電力会社の電気が家庭に来るまでに60%の電気を損失していると言われてます。38%貢献できれば電気生産段階のCO2の発生に直すと2倍以上CO2削減に貢献していると思われます。

さて、太陽光発電装置に話を戻すと、オフィスや病院、レストランなど、商業施設のように昼間、絶対的な活動を求められる場所での照明、冷暖房設備、動力として賄えるだけの発電容量を持つ太陽光発電はコストが掛かっても環境に対する貢献度の方が高いですから設置は必要だと思います。

また、発電した電気を貯めて使える蓄電池が出来れば夜間や雨の日も使えますから一般住宅でも効果的です。そうなれば、すぐにでも設置するかもしれません。

話題にはなりませんが、もし 太陽光発電によって家庭で作られた電力が送電されて近隣のオフィスなどに供給されるなら社会全体の環境における貢献度は高いと思いますが、今はそうではないようです。

CO2の発生を抑えることを目的とする環境問題論議に
住宅の太陽光発電で余った電気を電力会社に買ってもらえるのでトータルで電力料金の収支が改善されランニングコストを抑えられますというのは論理のすり替えで、具体的にCO2の発生を何%削減できたという数値もなく、どこで環境に貢献していると言うのでしょう?環境サミットでマイナス6%を実現する為に排出量の少ない国とトレードオフする話にみんな違和感を感じたのと同じ感覚がします。「投資しなければ採算も発生しない」ことがナゼ忘れらているのでしょう?それなら、先に書いたとおり38%も削減できる住宅と政府がトレードオフしてくれてもいいんじゃないかとさえ思います。ライフサイクルアセスメントとして考えても30年で十分採算が取れ、その後はプラスに転じることが出来るはずです。
それの方が間違いなくCO2を削減しています。


今現在ある技術を 一般消費者に普及することで環境問題を解決できるというにはエコキュート、エコジョーズと共に課題がまだ多いようです。

「将来において必要である」という意見には同感です。このままではよろしくありません。でも今のところ結論がでていないものを 私のクライアントに、ケントヤノが積極的に許容又は推進することは忍びありません。



それでも、政府は太陽光発電実績世界一の奪還に向けて補助金を出し、低炭素時代と経済を結び 景気回復の起爆剤にしようとするでしょう。 環境問題が経済成長に足かせと考えている経済産業省らしい提案です。


私たちはエネルギー消費の削減に貢献したいと考えています。現在、太陽光を利用して直接家庭のエネルギー消費を抑えることを確実に実践できるのは太陽熱温水器です。

しかし、その他の技術はまだまだ発展途上で結論は見えません。
メーカーや販売店の営業戦略ではなく、自身で環境問題を考え将来の礎とならんとする方、一緒に考え実践させて下さい。

最後に、環境問題に取り組み尊敬できる人が多い中、「環境問題」 を 「ビジネスチャンス」として利用する人を見るとサーファーとして、子供の父として、心が痛みます。
[PR]

by kent_yano | 2008-08-07 14:44 | 住宅建築家「Y」のノート
2008年 08月 07日

ムッシュ邸の近況

真夏日も多く、どこもクーラーかけまくりではないでしょうか?
Co2削減を意識してはいるものの手にした快適を手放すことは容易ではありません。

矢野としては特別な機具を使わず、設計手法で環境に貢献するってのが目指す家造りです。

c0167443_1744744.jpg
年始に完成したパリテキサスのムッシュ邸に先日晴れた日にお邪魔したら、クーラーもつけずに 空気が「キンッ!」と涼しかったです。

これは、今までの高気密高断熱工事に加え、内装の仕上げがクイックアンドイージーという調湿機能を持つ素材で仕上げられ、湿気を吸ってくれていた上に表面温度が低かったからと思われます。

過去10年間の間に
「まだ、クーラーはほとんど使わない」なんておっしゃっていただく施主様も多いのです.

目指すはメンテナンスフリーでランニングコストの掛からないこと!
高価な機材を使わず二酸化炭素排出削減!!

必ず出来ます!

世界最強の家造り計画の実現にまた一歩近づきました!!
[PR]

by kent_yano | 2008-08-07 14:41 | 住宅建築家「Y」のノート