Y-NOTE by KENTMIYAZAKI

kentyano.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 29日

ロジェールが販売禁止!

人気のロジェールのガスオーブンタイプが販売中止になります。(><)
当社でも、ガスとIHの採用率は半分半分という話は以前しましたが、その多くはロジェールの可愛さと使いやすさ、その単純な機構で壊れにくいという理由で採用されてきましたのでショックです。
ロジェール東京ガスHP

理由は「温度センサー等の安全装置がついてないから」という世界初のもの。
規制の変更についてのHP
パロマの室内型瞬間湯沸かし器の一酸化炭素中毒事件を受けて、メーカーが自主的に安全なガス器具の研究をしているところに経済産業省が乗っかってきて、法改正に及んだみたいですが、
これって消費者がほんとに望んでいることなのでしょうか?

玉ねぎを飴色にまで炒めてカレーを作る矢野としては温度センサーが反応して何度も火が消えるなど、不便さ満点。
80を過ぎたうちの母にあのセンサーの使い方を教えても生きてるうちに理解するとも思えません。
確かに消し忘れで火事になった事故はあるでしょうが、いきなり法律化するのはどうでしょう?
危険であれば売れないので淘汰される 問題だと思うのです。
ガスコンロにとってはとばっちりのような話じゃないですか。

まさか これを管理する協会が出来て そこの安全確認マークがないと販売できないなんて仕組みになってたりしませんよねえ?そこに天下るルートが出来てたりしませんよね?

一応ロジェールもカウンタートップタイプは対応しているらしく、オーブンタイプも日本仕様に対応するだろうとは言っていますが、当面現在庫で終了らしいです。

消費者の健康を守るための24時間換気装置の設置義務化・耐火建築関係ない全住宅への火災報知機の設置義務化・10年保証保険への強制加入を事実上義務化した瑕疵担保履行法など、最近このような消費者のためと称した法改正がなされます。時にそれを管理する団体が同時に発足して逆に経費が掛かるということもあります。そうやって安全にお金を出してもその分 保険金額は変わらない。小泉首相のときに民営化され解体された団体がより狡猾になっただけだとしたら・・・。
今度できる消費者庁の発足は でっかい隠れ蓑を作ることにならないように期待していますが、「消費者のため」という大義名分にちょこっとづつ、税金とは別の、お金を使わされてるような気になるのは僕だけですかね?

今回はそうでないことを祈ってます。
[PR]

by kent_yano | 2008-10-29 08:17 | 住宅建築家「Y」のノート
2008年 10月 27日

ホームショー御来場ありがとうございました

先週末の二日間イオンモールで開催された『第一回宮崎ホームリビングショー』へご来場頂きありがとうございました。狭いブースではありましたが少しでも楽しんでいただければ幸いでした。
f0189527_1640473.jpg
OB施主様にも多数ご来場頂き大変嬉しく思いました。独立 第一棟目のK様もご来場頂き懐かしさで一杯と共に、がんばっていることを喜んでくださいました。

今回のセミナーには東京から戸谷英世先生にもお越し頂きました。
いつもは東京の勉強会で慌しくお話聞くだけなのですが今回は二日間ゆっくりと独り占めして お話させていただきました。

その中で宮崎の街の活性化についてご助言いただいたところ、ご本人のメールマガジンにて下記の様なコメントを頂きましたので添付します。
個人的に「活性化は物まねでなく宮崎県民の文化を表さなければ地元の活性化につながらない」という意見、当っていると思います。皆さんも是非一緒に考えてみてください。(長いけど・・・。)
ご依頼いただきました件 順番にお答えさせていただきます。少々お時間くださいませ。m(_ _)m


>>>>>>>>>>>>>>
みなさん こんにちは。

先週は、広島から九州を、ワシントン州政府日本事務所住宅建材セミナーの一貫として、「日本の200年住宅・アメリカの200年住宅」という講演をしてきました。一時間程度の時間でしたので、どこまで説明できるかということに不安はなかったわけではありませんが、ワシントン州政府の伴さんがパワーポイントの制作に協力してくれたお陰で、私のイメージしたアメリカや日本の映像を見ていただけて、こちらの意図が上手く伝わったのではないかと、映像の力を改めて感じた次第です。

ワシントン州政府の講演会の延長線で、宮崎県の宅建業協会が宮崎県の
支援を得て実施したハウジンウフェアに講師として招かれて、2日間、1時間ずつ講演をしてきました。時間の余裕がありましたので、何故 宮崎の商店街が廃って言っているのか、宮崎県自体が活性を取り戻せないのか、ということを調査してきました。多くの宮崎の人達は、宮崎の森の中で賄っているように思われました。
そして、どの人も、どの商店も目立たなければ売れないと考え、店舗のデザインはどこも「斬新さ」を競っていましたし、商店街も大きなアーケードや目立つ同志事業で活路も見つけようとしていました。

ちょうどニッサン自動車にカルロスゴーンが社長として就任した当時のようで、自動車のデザインは、営業で負けた競争相手のデザインから打開のヒントを得ようとし、そこには新しい材料を採用することで、斬新さを売り物にできていると思っていました。そのやろうとしていることは、「目立つことや、何か新しいことを採用することで自動車を売って儲けたい」というように、「儲けるけること」が目的化していました。
商売は、金儲けのためにすることですが、どのような消費者も、業者に金儲けをさせるために、ものは買いません。お客さんが何を求めているのかを考えないで、業者が勝手に、「お客さんのほしいもの」は、「業者の売りたいもの」であると決め込んでいるのです。

宮崎には「イオン」という、アメリカのモールと同じ大規模な商業施設ができており、多くの宮崎市民はそこで何でも買えるということで賑わっていました。私は、この巨大な商業施設が宮崎にできていることに本当に驚かされましたが、このようなところにまで「アメリカがある」と驚きましたが、逆を言えば、宮崎はなくなったといえると思います。シャッター街の続く宮崎の商店街も、実は、宮崎らしいものは消えており、博多や、東京や大阪に見る商店街と基本的に変わりはありません。私の青年時代、日南観光が盛んだったとき、皆の憧れた宮崎は、全く姿を消していました。

本当をいえば、宮崎の人は大都市コンプレックスを持っていて、大都市の商業施設を連れて来ればよいと思っているのですが、それは大きな商店街の金儲けになっていることは事実ですが、そこに買い物に行く人は、宮崎の良さを全く味わえないだけではなく、むしろ大都市コンプレックスを感じながら、お金を使わされているだけではないかという気がしました。費用を使わないで商店街にやってきてそこで楽しめるようにする計画ができると思っています。「お神楽」や太鼓など民俗芸能のパーフォーマンスをやりたい人や、大道芸などのステージを用意し、農家の生産した農産品を安く売り出す。木材の加工品や特産の製品を、関係者が「暇に任せてつくた物」を安い値段で市民に供給する。

宮崎県産品は「そのまんま東」知事に宣伝してもらわなくても、「湯布院」のように、金儲け観光ではなくて、宮崎に住んでいる人がその建築物に生活していることが楽しく、安い生活費で豊かな生活を楽しめるようにできれば、外から見て「宮崎は素敵な羨ましいところ」に変わります。私は、南仏のコートダジュールやスペインのカルタデルソロと重ね合わせて、昔の宮崎を思いだしています。そこは、決して経済的に豊かではなかったと思いますが、宮崎の特性、歴史文化の豊かなところとして魅力があったと思います。当時の宮崎の人は、今より、その生活を楽しんでいたように思います。

経済的に豊かになり「イオン」で買い物している宮崎の人を見て、随分お金持ちになったなという感じがしますが、「この生活は、アメリカ文化の二番煎じでお金を使っているだけで、少しも豊かな生活をしている」ようには思えません。「イオン」を見ていて、経済的に豊かさを感じますが、その豊かさは、県や県民が生活に誇りと自信を持った故のものだとは思えません。ちょうど日本の住宅のように、「高い価格の住宅だということが分っていても、ローンで苦しめられ、やがて資産を失うことになるマイナス資産(ここでは住宅メーカーの低い原価率と高い粗利の住宅の建築費を支払う人たちのことを指します(解ヤノ))」としか見えないのと同じで、「イオン」は宮崎市民に豊かさを与えるものではなく、宮崎の人達にお金を使わせて「イオン」だけがお金儲けをしているようにしか思えなのです。

今日はこの辺で。   戸谷 英世
[PR]

by kent_yano | 2008-10-27 16:41 | 住宅建築家「Y」のノート
2008年 10月 25日

宮崎ホームリビングショー開催!!

今年7月 縁あって不動産フェアの実行委員長を拝命しました。
毎年、大きな予算がつくけど、予算消化に終わってしまうようなフェアでした。

どうせなら有効なフェアにしてやろうと、一度やってみたかった、
「トータルホームリビングショー」を開催することにしました。

イメージはありました。
各ブースを県内の住宅メーカー・マンションメーカー・設計事務所・工務店・リフォーム会社など住宅関連会社全般・家具屋・中古住宅や賃貸住宅を扱う不動産業者・電力・ガス・家電品店などなど、地元で住まいに関する何でもを一堂に集めて一緒に見てもらう。
そうすることで、消費者は冷静にいろんな住宅取得方法から自分のライフタイルを考えられる。
一般的には利害関係の反する業界団体が同じ土俵に上るなんて 全国でも珍しい。
そんな垣根を越えた「トータルなホームリビングショー」そんなイメージです。

地球環境・超長期住宅・ストック型経済・住宅瑕疵担保法など、住宅に求められる環境は大きく変わりました。この変革は僕の考えていた状況にようやくなってきたということで、大変歓迎するものです。この変改に対応できる会社だけが残っていく。そのことをこのショーを通じ業界関係者にも啓発したい。そう信じています。


準備期間 約二ヶ月。企画から 会場探し。スポンサー集めから宮崎県・宮崎市の後援依頼・MRT宮崎放送の後援。講演依頼。特に東京の戸谷英世さんもセミナーを快諾。鹿児島までワシントン州政府の開催する講演を済まし宮崎まで足を伸ばしくれることになりました。

いろんなハードルを越えながらようやくこの日を迎えます。

本週末 25日(土)・26日(日)の二日間。

イオンモール宮崎の2階イオンホールにて開催されます。
詳しくはMRTのHPへ

戸谷先生の講演とケントのブースは必見ですよ

ヤノもいます。遊びがてら是非お越しください!!!(^^)!
[PR]

by kent_yano | 2008-10-25 07:35 | 住宅建築家「Y」のノート
2008年 10月 16日

テスト

送信テストです。
[PR]

by kent_yano | 2008-10-16 08:55
2008年 10月 15日

忙中閑あり

今月の忙しさは尋常じゃない。
明日からまた東京。
その前に
今日は久しぶりに休ませてもらう事にした。朝から携帯の波情報は肩頭のサイズを教えてくれている。みんなを送り出して  海へ!

天気もいいし、サイズもある。
最近サボってるヤノちゃんには曽山寺ポイントも清武川の河口も ゲッティングアウトがハードそうなので、青島へ移動。
今日のボードは二年前にカリフォルニアに行った時購入したジュエルチューダーの7.4のファンボード。普段使ってるウエインリッチの9.2のロングに比べると随分短くて気持ちも軽くなる。
朝9時。季節は秋でも 水はまだ暖かい。トランクスとロングタッパーで入水。

サイズは胸から頭。ダンパー気味だけど選べばぼちぼち楽しそう。
ただ、ショルダーが張らなきゃいけないところでタルタル。で突然ダンパー。
乗りにくい。それでも5本ぐらい十分楽しんで約一時間。
丁度いい疲労感のところで上がり。

f0189527_18544023.jpgランチの材料買い込んでDVD借りて帰宅。
今日のランチは舞茸のグリルゴルゴンゾーラソース。ポテトセロリオニオンを山形屋のイタリアンフェアで買ったサラミと炒める。&青空市場の天狗屋の自家製ソーセージ(最近のお気に入り!)

ワインはドイツのアルテンフォーヘンのリースリングワイン。すっきり甘さでゴルゴンゾーラの塩気にマリアージュ。このワインは昨日から大橋のWINOで清君に料理にゴルゴンゾーラを使うことを言ってチョイスしてもらった。うーーーん清君グッチョイス!!

で、現在。サッカー日本代表の試合を観戦中。声が大きすぎて娘たちは怖がってダイニングに避難。ところでサッカー選手のクレバーなインタビューの受け答えあんまり好きじゃない。あれは世界も認める実力が備わってる選手のみOKなんじゃない。 元来、自己アピールしないプロってドウかなあ・・・。ゴン中山のように熱くなってくれるほうが応援し甲斐があるってもの。そう考えるのは僕が野球部だったから?

あーーー!何でき・決めきらんーーーんの?チャンスばっかり。これこそ「近くとも至らざれば至らず」てヤツ。あーーー。フラストレーション溜まる!!!茶の間のほうが熱なってしまうーーー!
久しぶりにマスターキートン読んで 早く寝よう・・・。なんじゃそりゃ
[PR]

by kent_yano | 2008-10-15 21:02 | 休日も「Y」は考える
2008年 10月 11日

IHコンロとガスコンロ

IH調理器にするかガス調理器にするか
皆さん 悩まれます。

IHは掃除のし易さと火を使わない安全さが受けて大ヒットしています。しかも
オール電化住宅って事で電気代も安くなる(当社のヒアリング調査では月10000円)こりゃ売れるわけです。
しかしIHがいいとおっしゃる方でも皆さん電磁波は心配とおっしゃいます。確かにモノの本によると
『IHの電磁波を携帯電話の電磁波並みに弱くするには2mの菜ばしで調理するといい』等と書いてあったりします。(この本の資本が何処から出ているかは解りませんが・・・)クライアントには電磁波の影響が 実証されていなくても 事実・通説 含めて 一応説明しています。

現在電磁波をカットするIH調理器は ドイツのミーレの電磁調理器だけみたいですので少々?お高く28万円位しますが健康に敏感な方にはお薦めしています。


ところが当社のIH調理器とガス調理器の採用率は半分半分です。

その多くは パンを焼くなどガス器具ならではの使い方を必要としている方です。それと思っているより 電気温水器と併用の光熱費の差が少ないため、それくらいなら 好きな調理器具で料理したいと考えるみたいです。

ヒアリング調査ですが ランニングコストは電気温水器とガス併用の平均的な4人家族で 電化でナイト契約にして電気代が10000円前後・プロパンガス代金は契約基本料の2000円前後がほとんどです。只、皆さん 次世代型省エネルギー性能と気密性・遮熱性を確保した家ですので、冷暖房費は通常の半分程度と思われます。

消費エネルギーの3分の一が家電品・3分の一が給湯・三分の一が冷暖房費であることを考えると、2004年以降の省エネ家電に買い換えて、太陽熱を利用して、住宅の温熱環境を整えた方がエネルギー消費を抑えられようです。

日々の掃除のしやすさか、
健康被害に敏感になるか、
ランニングコストを抑えたいのか、
環境問題を考えるのか、

重きを何処に置くかということですかね・・・。

僕個人?
妻はIHがいいといいますが、
給湯を 循環式太陽熱温水器+電気温水器
調理器を ガス調理器具(個人的にはガゲナウほしい)の併用ですかねえ。
[PR]

by kent_yano | 2008-10-11 14:10 | 住宅建築家「Y」のノート
2008年 10月 03日

ズリぱん禁止条例

カリフォルニアでも『ズリぱん禁止条例』が議会に提出されたそうで 通るとマイアミに続いて2州目だそうです。
最初何のことか解らなかったですが、
あの、例の、街中で見るたび快く思っていなかった
『若者が(この言葉嫌い)往来でズボンをズリ下げてパンツをちら見せして歩く姿』
のこと だそうです。

僕もはんたーーーい!!
と思っていたのですが、自分の頃はどうだったっけ?
思い出してみると 僕の兄の世代(1970年頃)は 街中でボタンダウンの襟元からTシャツみせるのは 不良でした。
 東京帰りの先輩から「原宿じゃ 女の子が歩きながらクレープ食べてる」とカルチャーショックな話題としてもたらされたのも1975年くらいの話だったと記憶してます。
 黒のブラジャーや紐を見せることが市民権を得たのも最近だし。
そう考えると良俗の分岐線はどこで消えるのか解らなくなりますねぇ。

1990年、アメリカのビーチ近くのコンビニで
No shoes! No shirt! No service!
とデカデカとレジの後ろに貼ってあったことを思い出しました。

ビーチ近くで 『裸足』で『上半身 裸』くらい 今なら宮崎でもいそうですよね。 少しづつ壊れてる?のか進化してる?のかどっちだろう?
[PR]

by kent_yano | 2008-10-03 13:46 | はははhの「Y」