Y-NOTE by KENTMIYAZAKI

kentyano.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 30日

さよならオフィーリア(;_;)

たった二日の、プチウルルン。
少しでも日本の家庭を覗いてくれれば幸いです。

娘には
「英語はなしたくなった」と いい刺激になったみたい。

お別れパーティーではシンガポールの友達と話してばかりだったけど、時間が来て
最後のお別れの挨拶が始まると涙・涙。
はじめてはっきり、素直に「さよならママ・さよならおばあちゃん」と言ってくれました。
そんな時、やっぱり言っちゃうんですね。

「いつでも帰っておいで、君は僕らの家族だよ」

なんてウルルン台詞。こんな時にこれほどぴったりのお別れの台詞はありませんわ。
本気で言っちゃいました。 

ホストファミリーってやってよかった。いいもんです。うるる
[PR]

by kent_yano | 2008-11-30 17:56 | 日常の「Y」
2008年 11月 30日

オフィーリアと二日目の夜

今日、帰ってきてからのオフィーリアちゃんは末娘の屈託なさのお陰か笑顔も見えて何だかほっとしています。
今日のディナーは24日に来日して以来日本食しか口にしていないらしくお鮨やおでんなども考えていましたが、本人たってのリクエストで中華料理にしました。
なんかそれで気持ちも随分ホッとしたみたいです。
私のマジックにも驚いてくれたりしてました。
娘とは?すっかり打ち解けて、言葉って関係ないなあとつくづく思う私です 。

明日は朝から七五三行って 昼から、もうお別れパーティです。
さっき、「あがとう」て日本語で書いてある折り紙を見て
すでに涙ぐんでます。(;.;)
[PR]

by kent_yano | 2008-11-30 00:13 | 日常の「Y」
2008年 11月 29日

今日のオフィーリア

少し、落ち着いたみたいです。

今朝は朝から娘の子供会の駅伝の練習に参加。グランド一周走ってへばってました。
同級生も一緒になってようやく娘とも打ち解けつつあるかなあ。
まあ、子供同士 旨くやってくれることでしょう。
私は仕事です。
帰って二人の様子を見るのが楽しみです。(いつも楽しみですよ・・・(^^);)
[PR]

by kent_yano | 2008-11-29 11:28 | 日常の「Y」
2008年 11月 28日

オフィーリア ちゃんがやってきた

うーーー、シクシク(;。;)
ホームシック?
そうだよなあ、小学生の彼女がシンガポールの家を離れてすでに5日。
とうとう今日は友達と離れて独りボッチ。
着てからふとして泣いて、ブログしてます。

見守ってあげるしかないのよねェ。
[PR]

by kent_yano | 2008-11-28 22:56 | 日常の「Y」
2008年 11月 28日

改めてオフィーリオがやってくる!!

実は先日急遽、受け入れる子供が変更になった旨電話があったそうな。
理由は家に犬を飼っているからだそう。何でもイスラム教では犬は悪魔の使いとされ 決して一緒には いられないそうです。

残念(;_;)一度イスラム教の人とゆっくり接して、異文化を感じたいと思っていたのに・・・。
で、改めて宗教上の制限がほとんどない華僑系のオフィーリオちゃんが来ることになったそうです。(多分オフィーリアじゃないかなあ)
シンガポールの華僑といえば!
お金持ちなんでしょうなあ。
シャワートイレくらいしか勝てそうなものがないなあ(笑)
[PR]

by kent_yano | 2008-11-28 11:53 | 日常の「Y」
2008年 11月 27日

ハンダヤーニがやってくる!!

アメリカにいる時、30を超える独身の先輩の家を訪ねると普通の一軒家。
ジャグジーもあるし結構いい暮らしぶり。普通に自分家のようにふるまってて、驚いてると、「ここ学生の時のホストファミーリーの家。卒業して改めて下宿させてもらってんの。」と言いながら冷蔵庫の牛乳ガブ飲みしてる。うろついてると。
「あっ、それ以上入っちゃだめ。そこからはダディーたちのスペース。こっちの人プライバシー厳しいから。」ってパブリックとプライバシーの境界が家の中にもあって尊重しあってるのに驚いたことがある。聞くとアメリカではこんな風に留学後も交流してる人が多いって聞かされたり、そんな経験からホストファミリーになることに憧れてた。

先日娘の小学校にシンガポールからのホームステイの受け入れ(ホストファミリー)の募集がありまして、一も二もなく申し込んだ。
見事受け入れ決定!!
娘と同級の小学5年生 名前はハンダヤニ ちゃん
土曜日は一緒に駅伝の練習いかせて、日曜日は午前中下の娘の遅い七五三。それにも参加させて、とかいろいろ考えてました。
シンガポールは去年も宮崎市の景観視察団で行ったし、新婚旅行もだったしで縁が多い。多民族国家であることも知っていた。
が、しかし。なんと、情報によると ハンダヤニちゃんイスラム教徒。
豚・牛・鳥全部食べないそうで、流石のヤノチャンもこれは初めて。
昨日から我が家ではてんやわんやの大騒ぎ。鮨ならOKじゃないか?とか月見うどんは鳥の卵だろう!とかサジョワン行くしかねえんじゃないかい?
などと大騒ぎ。下の娘が一番落ち着いてます。
明日から2泊3日のホームステイ。自分が一番楽しみにしてたりして・・・。
[PR]

by kent_yano | 2008-11-27 09:40 | 日常の「Y」
2008年 11月 20日

映画 ミスト

中学の頃同級生とつくった映画研究会。それ以来何かと映画好き。
最近は劇場よりも
休日昼間から ゆっくり自宅のリビングでDVDみるのが一番の過ごし方。
シートに2時間拘束されるのは東京出張のときだけでいいと思っているからかもしれない?そんな訳で最新作を一番に観ることは少ない。

昨日見た「MIST」も去年の作品。
パッケージの「映画史上かつてない震撼のラスト15分」
のコピーにも至って冷静。
でも、 原作がスティーブンキング監督がフランクダラボンと聞けば「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」のコンビの3作目。期待します。

家に帰ってビール片手に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
2時間。ありふれた言葉で申し訳ないが 「あっという間」
しかも一つ一つのシーンが良くも悪くも記憶に残ります。
映画を久しぶりに観たって感じです。

「震撼のラスト15分」のキャッチコピーは過大コピーではありません。
全編に渡って矛盾なくつくられたストーリー。
人間の善と悪、宗教、恐怖、疑心、選択、未知の生物?
映画らしい映画です。
多分「そりゃ遅いよ」と言われるでしょうが久しぶりの感動を伝えたくてて。
ミストの公式サイトhttp://www.mistmovie.jp/
はこちらです。

まだ見てない方は、ちっちゃい子供のいない時にボリューム上げて観て下さい。2時間無駄にすることなんて絶対ない、佳作です。
[PR]

by kent_yano | 2008-11-20 10:54 | 休日も「Y」は考える
2008年 11月 17日

ユノカ温水器 部品不良に付き確認の件Vol、3

続報です。

今朝、HP上のフリーダイアルに電話したところ、
担当者から折り返し電話にて丁寧に説明を受けました。

耐用年数について
「一般的に言われている耐用年数15年というのは壊れても修理できない年数のことです。」

保障期間について
「タンク 5年・ヒーター3年・その他の部品 2年 を設定しています。」
請求について
「出張費3000円はメーカーではわからないが、リコール対象機種でないので実費となります。」

耐用年数に対しあきらかに短期間で故障しリコール対象機種と同時期の製品である事を質問すると
「15年間壊れないという意味ではなく15年間は壊れても修理できますよという意味で それ以降は修理も出来ませんよという事なんです。」
と、言われ
「過去10年間で50棟以上 電気温水器を設置して初めてのケースだが、今回はお客さまの運が悪かった。」ということなのか聞くと
「そういう訳ではないがその為に補償期間を定めているのでその辺を理解して欲しい。」
旨回答をもらいました。

その辺とはどの辺かわからなかったがお施主様に説明するため御社より
「今回の対象製品はリコール対象機種ではなく一般的に予想される故障の範囲内であり修理費はお客様負担でしてもらうのが正当である」
旨 文書又はメールで請求頂けるよう、要望すると
「協議しますので時間をください。」
という事で回答待ちです。

耐用年数を過ぎている」とは

『壊れ始める時期が来たよそろそろ修理も考えてね
という意味ではなく

『その期間内なら修理しながら使える期間でそれ以降は壊れても修理も出来ないので買い換えてくださいね

という意味だったとは私の認識不足でした。
このメーカーの見解。皆さんも「耐用年数」についてそういう認識でした?

つづく
[PR]

by kent_yano | 2008-11-17 16:51 | 住宅建築家「Y」のノート
2008年 11月 16日

ユノカ温水器 部品不良に付き確認の件Vol、2

先日書いておりましたユノカ温水器の「温水器のヒーターリレー接続部から熱損する可能性」がある件の続報。

実際に突然お湯を沸かさなくなった和知川原のO様です。
早速九電に来てもらい、温水器の不良であると判断され私達からユノカ宮崎営業所に電話連絡後 何の連絡無いまま、工事を済ませてあった件です。
このO様の下に昨日、10500円の請求書が届いたというお電話をいただきました。確かに発表された交換 対象機種とは1ヶ月だけ違う機種でしたが、気になるのは、メンテナンスに来た販売店の人間(ココまでに既に3社うちを含めると4社が絡んでます)がリコールのことを知らなかった節があることです。

請求内容は温度センサー部品代4500円・出張費3000円・工賃3000円
合計10500円

僕が施主だったらと考えるんです。
通常の動作環境でメーカの想定した耐用年数15年を明らかに下回る2分の一の期間の7年でそれが壊れた。
部品は違うが一ヶ月前までに出荷された機種はリコール商品。
私達専門家に介入させず直接 請求書を出す。
お施主様にとって運が悪かったという話なのでしょうか?

メーカーは必ず言います。
「保障期間を過ぎましたから。」

ならば最初から防水コーキングの性能と同じように
「保障期間の1年しかもちませんよ」
と売るべきだと思います。
特に電気温水器なんて設置されたらほとんど触らないのですから。
納得しかねますので
明日直接メーカーに質問してみます。

また報告します。

この件に関する詳しい内容はメーカーホームページまで
http://www.kyuhen.jp

です。
[PR]

by kent_yano | 2008-11-16 09:46 | 住宅建築家「Y」のノート
2008年 11月 11日

ユノカ温水器 部品不良に付き確認の件

今年、4月26日に一度だけ 主要新聞紙上で お知らせしたけど、まだ連絡確認取れていないお客様がいらっしゃるそうで、再度新聞にて告知しているそうです。

「温水器のヒーターリレー接続部から熱損する可能性」があるそうです。

と このリコールだろうと思える件を今日 新聞で

部品交換はお済ですか」  と知りました。

一般的に電気温水器は家電品というより新築・リフォーム時に建設会社が設置することが圧倒的に多いのでこのような件は販売または設置した私達にも リコールの通達が届き、
お客様にも 「直接通知」 され 確認されることが普通です。

それこそ、先週の日曜日 7年目のお客様の温水器が突然 お湯を沸かさなくなってユノカ宮崎に連絡すると何も言わず交換した様子です。様子ですというのもお客様から私が聞いただけで、ユノカからのリアクションは何もなく、今日の新聞再発表な訳です。

対象商品の製造時期は
1996年7月から2000年10月までの製品だけの様子です。

対応に疑問はありますが矢野が知りましたので、ここに報告し、当時のお客様に早速 電話にてご連絡・確認いたします。

品番など、詳しくはメーカーホームページまで
http://www.kyuhen.jp

です。
[PR]

by kent_yano | 2008-11-11 07:56 | 住宅建築家「Y」のノート