Y-NOTE by KENTMIYAZAKI

kentyano.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 28日

エコ住宅 と 壁体内結露 と 構造瑕疵

近年環境問題がクローズアップされ、住宅にも消費エネルギーを削減するエコ住宅が求められています。
政府も太陽光発電の普及とともに省エネルギー性能の向上にも力が入れられています。

そんな中、宮崎の一般在来工法の高気密高断熱住宅で【床下に水が溜っていた】 という事故が起きたと聞き 危惧していたことが現実になったと思いました。

瑕疵を意識的につくるものはいません。ほとんどが施工者の認識不足から無意識におこしてしまうのです。

この事故も、省エネルギー性能に優れた いい家をつくろうとする気持ちから起きた無意識の瑕疵だろうと思います。

5年前でしたか、大手の建材メーカーが木造住宅に高断熱構造パネルを使った高性能在来壁工法として全国に営業展開しようとわが社にも来られました。
意気揚々と説明する営業マンに、採用するどころか、「この工法では壁体内結露を起こしますよ」と断言した事を思い出します。その時の営業マンはこの田舎建築士が!という思いだったろうと思います。
数年たってこの全国的な大手メーカーは私の予想通りの瑕疵を起こし、200件以上の瑕疵訴訟を起こされました。

実は省エネルギー性能に優れた住宅をつくるために高気密・高断熱化工事を丁寧に施工しようとすればするほど壁体内結露の問題に直面します。

30年前、工法上、構造用合板で気密化された2X4住宅もそうでした。
当時の 一般在来工法しか経験のないメーカーや工務店は
空気を留めるとどうなるかなど気にする由もなく
【断熱や気密】が、空気中の【湿度】とどのように因果するかなど知るすべもなかったのです。 

結果多くの伝説を産むことになります。

いわく
「2X4工法は湿気の多い日本の風土に合わないから木材が腐る」
「グラスウール断熱材は湿気で垂れ下がり カビが生える」
この批判もまた、知識不足な批判でしかありません。

問題はどこにあったのか?
それは【省エネルギー性能】と【水蒸気】の存在と関係を意識しないで
施工してしまったことが原因です。

【高気密化工事】には
省エネルギー性能に大きく貢献する【外気の侵入を遮る気密】 
と 
防湿を目的とした【室内の空気を遮る気密】
があります。

室内側の空気を遮る気密層=これを防湿層=ベーパーバリア と呼びます。

空気中の水蒸気量は普段【湿度○○%】などと表され、常に温度と密接な関係にあります。
単純に0℃の6畳間の部屋に空気は約3.7kgあります。この時 湿度55%と言えば 2リットル の水が含まれていることになります。

この空気中の2リットルの水は温度差が ±5 発生するところで水滴となって姿を現します。

実は今年施行された 長期優良住宅の認定基準から【気密性能の確保】が外されていました。
気密性を問わなくなった理由として、
「気密は各社それぞれのノウハウである程度施工されているでしょう(?)シックハウスの法律上 1時間に0.5回の換気を明記してあるので気密を厳格化しても(省エネルギー性能評価では)意味ないでしょう。」
という答えでした。これは、省エネルギー性能だけを注視するとそうかもしれません。しかし、それと不可分の関係である【温度と水蒸気】の関係【構造瑕疵】の可能性に対する大きな認識の欠落です。

先日発行された日経ホームビルダーという専門誌にも「外貼り断熱は壁体内結露しない」と捉えかねない表現になっていましたが、充填断熱でも外貼り断熱でも 水蒸気を絶縁するための処置=防湿層(ベーパーバリア)を連続してどこかに処置しなければ水蒸気を含んだ滞留空気が温度差を感知した瞬間、壁体内結露は起こりえます。

30年前、2X4ビルダーが経験した事故を忘れてしまったのでしょうか・・・。
壁体内結露は目に見えないところで木材を腐らせ、構造をむしばみます。

今後『長期優良住宅の標準仕様書』という錦の旗の下、多くのハウスメーカー・工務店が気密化工事を省エネルギー性能上の問題だけと勘違いし、室内側防湿工事をせずに高断熱高気密住宅を造っていったら、数年後多くの瑕疵を発生させていくのではないかと改めて危惧しています。
 
[PR]

by kent_yano | 2009-12-28 12:05 | 住宅建築家「Y」のノート
2009年 12月 26日

長谷川のパンチ

長谷川穂積のパンチってスロー映像で見るとこんなになってたね。

これって、マンガでしか見たことない あのコークスクリューパンチ?

パンチってガツーーーんとこぶし握りしめて直線運動してるとばかり思ってました。
鞭みたいにしなってるんですね。
長谷川が特別なんでしょうねえ?
すごいことになってます。

http://www.dai2ntv.jp/player/index.html?item_id=NtvI10004159
15秒のCMの後始まります。
[PR]

by kent_yano | 2009-12-26 16:46 | 日常の「Y」
2009年 12月 24日

ランドスケープ

legoで遊んでた娘の作品。

「これなあに?」

「まーちーよっ。」
見てわからんのか位の言い方。
「街って街?」
驚く父に、
「ここが 、耳の病院よっ!ここにヘリコプターが下りるとよ。」

4歳にして都市計画、いきなり街並み行くか?!

しかもかっこいいし、ところどころオーバーハングしてるし、
道路通ってるし、なかなか いけてるじゃん。
スゲーーーー!!!と素直に思った父でした。
f0189527_1756367.jpg
ホントに手加えてませんです。
[PR]

by kent_yano | 2009-12-24 17:58 | はははhの「Y」
2009年 12月 18日

塗装職人と左官職人

K’s BASEの外装仕上げが始まった。
うちの現場には職人さんが多い。

今回は珪藻土の塗り壁で仕上げるので特に多い。
珪藻土の塗り壁仕上げには大工さん防水屋さん塗装屋さん左官さんとそれぞれの材料屋さんが加わる。
珪藻土と言っても、100%純粋な珪藻土ではない。
木材の伸縮、や揺れに耐抗するため若干の弾性を持たせてある。
外部材料で、ひと肌にもあたらないので 耐侯性を選んだ。

f0189527_10431642.jpg


今朝は仕上がり具合の確認。
塗装職人の梅木さんが珪藻土を吹き付け、左官職人の中武さんがコテでおさえる。
夏と冬では乾燥させる時間も水の量も全然違う。
当然仕上がり具合も変わってくる。

僕はコテの跡が残らないほうが好きだけど、おさえすぎてまっ平らになってしまうのもキライ。
骨材のブツブツ感を微妙に残す位がイイ。
ちっちゃなサンプルではわからない、その微妙な加減を現場で確認。

もう少しもう少しと言いながら調整していく。

この写真、実は一度目おさえ過ぎて気に入らずやり直してもらっているところ。
二回目にてOK!
天気予報を見ながら一気に仕上げる。

自分の家にいろんな職人さんの手が入って できてるって感じが僕は好きだけど、
最近は現場での作業効率を上げるため既成を使うことがほとんど。

ちなみに 
INAXのセラミック系で 8000円/m2くらいから
パワービルダーが使う外壁だと 1900円/m2 くらいからあるらしい
値段の差は使ってある塗料の差や耐火性能など元々安いのだが、売れ残りなど理由はいろいろあるらしい。
ここで注意!既製品を貼る場合、目地の防止シーリング材は常に太陽光線にさらされ紫外線劣化が避けられない。だから、防水性能をシーリング材に頼ってしまうと防止性能がなくなる。メーカーの製品保証は短期保証で2年しかない。10年保証と言っても一般論は台風時の雨の侵入は災害、雨漏りは普通の雨の時に起こるものと規定されている。
ので、宮崎の人間は塗り替えの時期は【台風で雨漏りする】という理由で防水を兼ねて塗りかえることになる。(ケントの防水仕様なら心配ないです。創業以来今だ防水メンテナンスで出動はしていません)

今回のような塗り壁仕上げのとき、いつもケントで使っているのは「アサヒほんばん」社の45分準耐火仕様でオートクレーブ養生された伸縮の少ない特殊なサイディングで目地をなくすように仕上げます。
値段は5500円/m2くらいから   これでも同じ仕様なら宮崎でずいぶん安い方、頑張ってます(^^);

元々シーリングに頼らない防水工事を下地の段階でしているので
塗り替えの時期は本人が【汚れた】ことに我慢できなくなるまではOK。
その際洗浄という手もあります。
数年たってアジが出るのは塗り壁だけど       
35坪くらいの家の外壁で210m2くらいはあるから、やっぱり60万円くらいは差が出る。
最後は財布と相談になりますなあ。
[PR]

by kent_yano | 2009-12-18 10:51 | 住宅建築家「Y」のノート
2009年 12月 03日

長期優良住宅と次世代に残す住宅について

わが社は法律がなくとも規制がなくともなくとも 『次世代に残す住宅』 を自主規制によって提供し続けてきました。

その基本姿勢はこれかこれからも変わりありません。

昨年長期優良住宅の先導的モデル事業が募集され、意気揚々と申請に燃え、中央の情報を集めるにしたがってメーカー保護政策が明らかとなると、ようやく訪れた私達の思いが 裏切られたという落胆は大きく、改めて自主的な基準を設け問題点の本質を考え、消費者の利益を守ることがコスト面においても、最良であると確信し、自主的な耐震基準・防風基準・耐水基準・地盤基準・温熱基準・メンテナンス基準を設け、特に温熱環境に対し遮熱を取り入れた工法=サーマルルーフにより特許出願・商標登録出願にいたりました。

今年始まった一般的 長期優良住宅事業について申請したところ、当社の基準を基礎の配筋量とついて若干変更するのみで適合することができました。
しかし、その、設計審査は地盤調査結果に基づく基礎設計や地盤の10年保証も無く只決まりだからとコストのかかる頑強過ぎる配筋です。気密性は問わず魔法瓶の蓋を外して断熱性能だけを施行させたり、設計上の日射遮熱についての考慮はなく、只単に決まりだからと屋根の断熱材を倍にされるなど、口出すことはたくさんあります。耐震性能においては構造区画の考えもできていない設計士が金物の数だけ入れただけで合格している上、防水性能については瑕疵保証項目だから不問の姿勢。 この政府の長期優良住宅基準を、わが社にそのまま準用すると明らかにケントの家は宮崎の環境では大きくオーバースペックとなることがよくわかりました。

それはそれでいいことですが今まで次世代に残す住宅の本質を考え、自主的に耐震性は1、5倍。温熱環境についてはエネルギー消費量二分の一を実現することを当たり前に、かつコスト上げずに頑張ってきたケントとしては一律運用に????です。

基準法や政府の基準は最低基準でしか無く、それは目標とは言えず『最低限満たすべき必修課目』でしかありません。
これは耐震性の基準が大きく変わったと時にも今年10月から施行された瑕疵担保履行法の実質的強制保険加入よる保証基準の一律化の時にも感じました。
「基準をクリアーしたから問題ない」と言いながら、今も一般在来工法の耐震性に関する技術基準はバージョンアップしており、「基準をクリアーしたから問題なくは無い」のです。

つまり、基準をクリアーすれば=将来においての資産価値が約束されたわけではありません。
不動産屋さんの噂話ほど怖いものはありません。
それも含めて、住宅をつくるということは長期に渡って個人の資産を保護することを念頭に置いて考えねばなりません。

メーカー擁護の政策が見え隠れしますが、昔からその土地その土地の風土に合わせた工夫を実証しなさいという意図らしいですが最終的には設計者の判断とされています。

宮崎の 長期優良=次世代に残すために、物理的には台風を考慮した防水性を、感覚的にはデザインをおいては語られません。ホンの一手間一工夫で大きく変わるのです。
機能・性能・デザインを基本性能に、メンテナンス性、加えて環境性にも配慮した住宅こそが長期優良であると考えます。

過去13年間の、約70軒のケントのお家にお住まいになっていただいている皆様どうぞご安心くださいませ。
宣伝に負けないよう、昔も今もこれからも 変わらぬ家造りで、将来にわたってケントの家なら価値が高いというブランドを確立していきます。

そして、一般の皆様にもわかりやすい言葉・方法でケントの家づくりをアナウンスして行きます。


『本質を考える家造り』

これからもよろしくお願いします。m(_ _)m
[PR]

by kent_yano | 2009-12-03 22:03 | 住宅建築家「Y」のノート