Y-NOTE by KENTMIYAZAKI

kentyano.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 28日

『環境つかれ』のない 家づくり

最近のヨーロッパ経済で『環境つかれ』という言葉が流行ってると聞く。
もっともだと思う。
多くの人がメタボリックですと言われてダイエットを意識しても実現できない。
自分の身体ですらそんなんなのに、地球の環境を考えて生活を改め続けるなんて、、、。
やっぱ難しい。

私の理想は あの!この?我妻でさえ普通に生活しながら環境に貢献できるような家を造ることである。

全国の平均的な一般家庭のエネルギーの総消費量の内訳は
約26%が冷暖房費。
約34%が給湯。
残り40%が家電品
である。
寒い地域に行くと冷暖房費が半分以上を占めるとも聞くし、
住宅建築家 として、個人的な活動として環境に貢献できる第一歩こそ、住宅の温熱環境の改善だと信じる。

たとえば、遮熱・断熱・採光・通風・気密という相反する要素を一つづつ解決する事で一般木造住宅に比べ冷暖房費を半分にする事が出来る。
(清水町のY-baseは熱還流率の計算上、
52坪の家全体を14畳用程度のクーラーで賄え、
18畳用程度の暖房器具で快適に過ごす事が出来る。
この計算式には庇等で直射日光の影響はないものとされている為、
冬季の日中の日差しによる蓄熱効果を考えるとより高い効果があるものと考えられる)

さらにヒートポンプ式等 高効率冷暖房装置の採用で消費エネルギーは3分の一に抑えられ、
冷暖房の消費エネルギーの85%を削減する事も不可能ではない。
加えて 給湯に太陽熱温水器を採用すれば給湯での消費エネルギーは約2分の一にできるし、
照明をLEDライトや蛍光灯を住宅全体に採用し、冷蔵庫を2004年以降のものに買いかえれば
消費量は3分の一。
これだけで、一般的な住宅のエネルギー消費量を約44%削減する事が出来る。
差し迫った政府の目標は排出量25%の削減なので 十分すぎるほど達成してしまう。

加えて、クーラーの設定温度を1℃上げて、扇風機を併用する、冬は一枚羽織る、
待機電力や高効率家電を購入する。
など、各家庭の事情はあるが 少しの習慣の変更で7%位は削減できるだろう。

これなら わが家族でも環境つかれは起こるまい。

また、50%程度の削減では満足できないという人は、
より断熱性能を高め、室内で発生するエネルギーを暖房の熱元とした無暖房住宅の実現や 
太陽光や風力によって消費量分 発電するという方法もある。
これなら、企業と一般住宅のCo2排出取引の対象にもなる。
計算上のプラスエネルギーハウスを実現も可能だ。

行きつくところ、自立循環型住宅というのが理想である。

一度手に入れた快適を手放してまで地球環境に貢献するのは難しい。
意識せずに行う環境行動でなければ
日本全体でCo2排出量25%削減なんておぼつかないだろう・・・。
[PR]

by kent_yano | 2010-08-28 10:51 | 住宅建築家「Y」のノート
2010年 08月 24日

今日は一言だけ

最近言いたい事がたくさんあるんですが、
今日は一言だけ
先日、気付きましたが、
この前まで炭火の焼肉屋さんだったところが 宮崎再生酒場と名前を換えていました。

これは応援しているのか?便乗しているのか?

口蹄疫の事ではないのだとしたら宮崎で再生しなければならない問題?とは何なのか、
一時的すぎるネーミングにしてはしっかり作られた看板に本心をインタビューしたくなりました。(笑)
[PR]

by kent_yano | 2010-08-24 19:08 | 日常の「Y」
2010年 08月 07日

あちゃ―――、久しぶりでしたーーー。

あっちゃーーー、あっという間に八月。盆休み前。

この間更新してからもう一カ月??
明け過ぎです。すいません。

話題が特別あるわけではないのですが、何も書かずにもいられません。
普段の事でも書いときます。

長女が中学校の合唱部に入ってます。
先日行われた NHK学校音楽コンクール宮崎大会でみごと金賞をもらいました。
イエーーーイパフパフ!!
去年も同じコンクールで小松台小学校 合唱部として金賞。九州大会まで行って銀賞(準優勝)。
狙っていた全国大会出場にわずかに届かず! 悔し涙に泣きました。(今年の後輩たちは行けるかも)

今年は中学生。
環境も友達も変わった中学校で一人 運動部と悩んだ末の合唱部 入部。
先輩とやっていけるかなどなど心配でしたが先ずは一安心。

みなさん 合唱部を食わずキライしてませんか?(僕もでした)
まあ、あのつくられたような歌い方に抵抗持つ方も多いでしょうが、
感情移入して真剣に唄うとあのような顔になるのです。で、まあ、それを抜きにして、生で聴いてみてください。
天使の歌声ってやつです。
打算なく純粋に歌う小学生の声を初めて聞いた時・・・。
みなさんその美しさに涙がこみ上げてきますよ。
私も依頼 すっかりファンになってしまい、コンクールには極力行くようにしています。
是非ナマで!
さて、昨日のコンサートは流石 中学生。 
練習積み重ねた 鳥肌ハーモニー(笑)がたくさんありました。
中でも川南町から出場した中学校の自由曲
「消えた八月」 という原爆で全てを失った情景を唄った歌詩と
口蹄疫問題で音の消えた川南町の情景が重なると共に、
問題の真っ只中、開催自体が危ぶまれる このコンクールの練習を続けた
子供たちの姿が目に浮かび 涙が止まりませんでした。(銅賞受賞)
頑張ろう宮崎!!



さあ、今度は九州大会。

小学校の雪辱晴らして全国目指してチョ―――ダイ!!
[PR]

by kent_yano | 2010-08-07 13:23 | 日常の「Y」