Y-NOTE by KENTMIYAZAKI

kentyano.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 28日

最近、地震が来ない!?

先ほど地震があったそうだ。
僕は6年前に建てた花山手のT邸で二階の子供の勉強部屋の間仕切り壁工事の
仕上塗装を見守っていた。
全く気付かない。奥さんも気付かない。誰も。

実はこのようなことは珍しくない。

今回の改装工事に入る前 住み心地をお伺いした。

「地震によるクロスのゆがみも見られず大変健康な状態ですね。」
と僕が言うと、夫婦口をそろえて、
「最近、宮崎では揺れるほどの地震が来ないですよね。」
とおっしゃられる。

昨年 築10年目にして 3階小屋裏を増築?した 池田台のお家も。
「新築してから 地震 来ませんよね」と言われていた。

阪神大震災の被災して敏感だとおっしゃられていた東大宮のご家族でさえ、
昨年の夜中にあった震度3の地震に気付かず、寝ていたそう。

神宮のNさんは電話で話してる最中 先方だけが地震に騒いでて、自分は全く分からなかったそう。

加えて樹脂サッシを採用された方は 新燃岳の 空震にも気付かなかった方が多い。

ニュージーランドでまた痛ましい災害が起きた。
痛ましい災害が起きるたび住宅の耐震性が問題になる。
「日本では考えられないです。新しい耐震基準の建物だから安心です。」
とテレビのコメンテーターは言いながら、
翌年くらいに耐震基準の法律が厳格化されるのが日本の通例。

そんな未完成な木造建築の基準にとらわれることなく
ケントミヤザキでは命を守るお家を造り続けたい。
地震災害が起きても基本基準が変わらない、それだけ確立したモノコック構造を軸とした
2X4の設計ルール(告示1540号)で、家を考える。

故に、設立以来 耐震性には自信をもっている。

個人差はあるにしても 住みだして、揺れたことが無いというのは

耐震性の高さを表す名誉な感想である。

(というと木造は揺れで力を流すという方が出てきます。それは寺社神殿の伝統工法で
現代の一般木造住宅は金物強度に頼った軸組み壁工法なので別物と考えたほうがいいでしょう。今も研究中といえます)


「地震で死ぬのは人間だけだ」 とはある登山家の弁。

命よりも優先される、デザインなどあるわけが無いのである。
[PR]

by kent_yano | 2011-02-28 10:27 | 住宅建築家「Y」のノート
2011年 02月 07日

ひな人形飾りつけました

先日、家の中で 季節が変わっているのを感じたら春を思い出し、
いつもは3月3日ギリギリに登場するお雛様が、
今年は早々にお目見え。

玄関入って直ぐの土間のある和室で お出迎えしてくれる。

高岡あたりでは雛山作ってる季節だが
当家ではこのくらいで控えめに・・・。

僕は 常々和室という部屋よりも 【床の間】という空間の方が必要だと思っている。

只、クライアントの和室への要求は今でも強い。
多くはゲストルームを兼ねての事なので、それならリビングにソファーベッドでも事足りる。
予備室としての和室はあまり重要ではない。

僕が云うのは、正月の鏡餅・ひな飾り・五月人形・月見の団子 などなど
季節の御まつり事を伝える空間としての床の間が必要だと思うのだ。
ので【季節の定位置】であるなら
玄関横の飾棚でもいいし、壁のニッチェでもいい。
家族の目に触れ、日本人の季節感を黙って語る事が出来る場所をつくっとく。
それくらいがカッコいい。
無論、和室に床の間が理想であるが、
人目に触れない床の間ならお勧めしない。

そういえば、娘二人だが、一人づつにひな人形が必要なのだろうか?
ある人のTWITTERで
「ひな人形は子供の厄災を身代わりになるものだから母から子へは受け継がないものだ。」
なる書き込みがあったので気になった。

そういえば母親がしきりに下の子にも買いたがっていた。
置く場所がないと断っていたけれど。
f0189527_11455831.jpg

[PR]

by kent_yano | 2011-02-07 12:15 | 日常の「Y」
2011年 02月 04日

季節の移ろいを家で知る。

暦の上では『春』であるが実感は少ない。

今朝、リビングの西側の壁に四角いオレンジ色が現れた。

正体は直ぐに分かった。

東側の娘の部屋の窓から家を一直線に突っ切って西のリビングに朝焼けが差しだしたのだ。

12月に引っ越して初めてみる光景。

先日はリビングの天窓に満月が見えた。

何気ないふとした瞬間、

変わる家の表情で

季節を知るのも家の楽しみなのであーーーる。
f0189527_17292935.jpg

[PR]

by kent_yano | 2011-02-04 17:29 | 日常の「Y」