Y-NOTE by KENTMIYAZAKI

kentyano.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 22日

85%の木造住宅が耐震性に不安!?

今日の宮日新聞に「耐震診断したら85%の家が耐震性に不安」って記事が載ってましたね。

にわかには信じられないデーターです。
まあ、依頼したって事自体、何らかの不安があってのことでしょうから
診断によって 事実認定なされたってところで、
パーセンテージが上がるのはしょうがないとしても...。

これからの話は一歩間違うと 煽り営業にもなりかねませんが、これが真実です。

独立するときなんで2X4をしようと思ったかって理由もこの問題にありました。

国の政策で100年住宅(現在の長期間優良住宅)を示唆したのはついこの間 2007年の事です。
それまで国や建設会社や住宅メーカーは
『家』は15年とか20年で壊れていいと思ってたんです。(信じられないでしょ!)
内需拡大、経済政策になると信じていたんです。
税金の評価上 建物を減価償却させるのもそういう事です。この建物はもう古くて価値は無いですねという話の根拠は税金上の話、耐久性とは関係ないのですが、これが解釈されて、新しく建てる建物は15年以上の耐久性を持つ建物はオプション扱いになっちゃったんです。
国もそれを推し進めていたんです。(ひどいですよね)

昨日も大変クレバーな コンピューター会社の社長さんが、
「木造は20年くらいで壊れちゃうじゃないですか」
と食ってかかってきました。
決算上の減価償却が建物の耐久性と同一であるかのような事実誤認は
内需拡大につながる設備投資へ 特定の機関からの 洗脳を感じます。

日本はこれが普通だったんです。

そんな社会情勢の当時(といっても5年前の話ですが)

耐久性の高い住宅を造るという反社会的な家づくりが

どれだけ出来たことでしょう???

そんなんだから、今でも「耐震・免震・地震に強い」ってことを自慢げに宣伝文句にしてる会社があるのです。
裏返せば やっと考えるようになりました。出来るようになりましたすごいでしょ!
と自分の勉強不足をさらけ出しているだけなんですが、それすら気付かないぐらい
建設業界の人間が考えてなかったって事です。

住んでる人がそんな事知ってました?地震に強い家なんてあたり前じゃないですか。
当然専門家が考えてくれてると思ってる事じゃないですか。
それを裏切り続けておいて、今更自慢する話じゃないですよ。
恥ずかしい話ですよ。

当時、現場の職人さんに
「おれは次の世代に残す住宅をつくる」
というと
「そりゃ(壊れんかったら)仕事がなくなるわ」
といわれました。

絶望――――――――。

そんな中  2X4の設計指針建築基準法告示1540号だけが

地震台風に強い家を 本気でつくる 唯一の ルールだったんです。

だから、 耐震性・耐久性の高い家つくろうと思ったら、

自分で設計して建てるしかなくて 独立せざる得なかったんです。

とほほ。
[PR]

# by kent_yano | 2010-01-22 18:51 | 住宅建築家「Y」のノート
2010年 01月 21日

「町中に充電電気スタンド!?やっぱり環境問題は欧州が一枚上手」の話




日本ではハイブリッドカーなどエコ減税対象車が売り上げを伸ばしているとの話を聞きます。
それに対して輸入車は・・・。やっとベンツが1400万位のハイブリッドカーを出すなど開発自体あまり聞きません。
環境先進国の欧州。なんか理由があるのかと思っていましたが。

とんでもない理由がありました!!!!
今日の報道だと、

欧州の電力会社が自動車メーカーなどと連携して電気自動車の為の充電スタンドなどのインフラ事業に相次いで参入!とのこと

フランス電力公社=2011年からパリなど大都市で充電施設を設置。一般消費者の利用を不便なく行うためのインフラを整備する。
ルノーと組み充電スタンドでの電気代の支払い情報などの共有も実用化する】

ドイツのRWE=ルノーと組み2011年に一般向け充電スタンドの整備を開始】

オランダでは=国内電力会社10社が電気自動車のインフラ整備のためのファンドを設立、2012年までに国内1万か所に充電スタンドを設置】

スウェーデンでは=バッデンフォールとボルボが組みハイブリッド車の充電スタンド網の整備を始める。家庭や公共機関の配電網は 電気自動車と接続することで大容量の畜電池として太陽光や風力など不安定な再生エネルギーの安定化につなげる見込み】

デンマークでは=電力会社・ルノー・IBMなどと組み風力発電で発電した電気を家庭の電気自動車を蓄電池として家庭用電力として利用する計画】

などなど、すでに各国 産官一体となって電気自動車の構想が着々とできていたのですねええーーー。
インフラを先に整備するってのがヨーロッパらしい。
流石!しかもクルマを家庭用蓄電池にしようなんてところは企業だけでは出来ない!
政府がしっかりしてるんでしょうねえ。
そういえばIBMもボルボも 今は中国資本・・・。
がんばろー日本! 
[PR]

# by kent_yano | 2010-01-21 11:33 | 住宅建築家「Y」のノート
2010年 01月 20日

今日はご機嫌(^^)

今日はお休みいただきました。
昨日から波があがっていると情報が入りっぱなし。
寒さもひと段落。ということで、今日は朝からサーフィンです。

入った瞬間は寒かったけど なんのその。
サイズは胸~肩と聞いてましたが、セットで頭くらいちゃんとあって結構速く抜けるのに苦労しそう。
目の前でリップが落ちる緊張感を久しぶりに味わいました。
同級生と海でばったり、彼も昨日から気になっていて職場には二時間遅刻すると連絡して海に来たそうです。サーファーってヤツは全く・・・。(笑)
やっぱ海はいいなあーーー。

帰ってきてアイシングの後 マッサージ器でゆらゆらしてます。ははh

f0189527_1638522.jpg

[PR]

# by kent_yano | 2010-01-20 15:35 | 休日も「Y」は考える
2010年 01月 18日

小林繁投手

こんな形で『小林繁』 のことを思い出すとは思わなかった。

当時の僕は阪神ファン。
強くて人気のあるジャイアンツは宿敵!!中でもあんなに細くて、甘いマスクで女にモテル小林は阪神的に天敵。
江川は甲子園のヒーロー。クラウンライターライオンズを「九州は遠すぎます」と蹴って4年後も尚、かたくなに巨人入りを望む態度はチームプレー、団体責任を教育されている野球少年には自己中心的で、好きになれなかった。

午前12時、丁度の調印!?
絶対獲得したい巨人の傍若無人ぶりは、勝利のためには手段を選ばぬ強者のおごりとしか映らない。
エース小林とのトレード!?
その時、放った小林の「僕が行けば丸く納まるでしょ」という言葉。
大人?意地?男らしさ?強がり?

こっちの心の整理がつかぬまま始まった巨人の宮崎キャンプ。
ついこの間まで、ヒールだった江川は次の日の新聞からあっという間に『怪物』扱い、長島もほれ込む剛速球を放つ。
そして、あっという間のシーズンイン。
ところが、去年まであんなにきらいだった「あの巨人の小林」が阪神の頼れるエースになって巨人に8連勝。

この間までの敵を素直に歓迎できないあわれな自分。

何が正義?何が悪?
それまでのテレビヒーローの勧善懲悪しか知らない熱血純情野球少年には解らない初めて味わう、大人社会。

あのころ覚えた言葉は「憤懣やる方ない」だった。 (笑)

今日の長島のコメント。「あの時は悪いことをしたと今も思ってる」
の言葉に少し救われた。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]

# by kent_yano | 2010-01-18 23:56 | 日常の「Y」
2010年 01月 06日

鳥の先祖

始祖鳥って教わりました。
70年代のつたない記憶ですが、世界で唯一化石が発見されて、鳥の先祖としてダーウィンの進化論を裏付けるものである、と教わった気がします。
しかし、その後(80年代でしたか?)あれは贋作だった、イギリスの学生の捏造だったと聞きました。

しかして今年、 次女の2010年公文の『なぜなぜカレンダー』が届いてました。

子供の365の質問に毎日 答えるカレンダー。
1月1日
Q;初夢ってなに?

から始まって

12月31日
Q;除夜の鐘はどうして108回つくの?

まで子供の素朴な疑問に答える365日。

そのカレンダーンの5月13日の質問、

Q;鳥の足にウロコがあるのはどうして?

という質問に

A;鳥の先祖が恐竜だったからだよ、羽もウロコが進化したものなんだ。

とさらりと答えが載っている。

えーーーーーーー!!!!!いつから??決定!?
いやいや、いつから定説になったの????

じゃあ地鶏のもも焼き見るたびに恐竜の子孫なんだと思わちゃうじゃない!?
僕は爬虫類はきらいなんだけどなあ・・・。
それでカエルもワニも食べたら「鳥肉見たーーい」と言っちゃうのか?

知らなかった!!!  (+.+)

話し違うけど、最近の小学生の教科書見ると
漢字の書き順も変わってるし、古墳時代はできてるし、
そうそう、鎌倉幕府って『イイ国つくろう鎌倉幕府』だけじゃなくなってるの。

ビックリ!!うかうかしとれませんなあーー。
生涯学習ぞなぁーもし!ニャンコセンセー!!
[PR]

# by kent_yano | 2010-01-06 22:11 | 日常の「Y」
2010年 01月 03日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

旧年中は皆様に変わらぬご愛顧いただきありがとうござました。

今年もこのつたないブログにお付き合いください。

さて、今年の年賀状には現在の経済状態を鑑み不安感を持つ言葉も少なからず見受けられました。

そんな中、ある先輩経営者の方より

『暗夜の中の一灯であればいいのですが』

という言葉を頂きました。

まさしく、経済を憂いても自分にできることは限られています。

歩み続ける以上 自分のできることを地道に実行することだけがしかないのだと強く思いました。

明珠在掌、安心立命―。

ひとりひとりが豊かさを感じる家『それぞれの幸せ』を

私達のデザイン力と技術力で

一棟づつ つくっていきます。

homely = harmony

今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]

# by kent_yano | 2010-01-03 18:19 | 日常の「Y」
2009年 12月 28日

エコ住宅 と 壁体内結露 と 構造瑕疵

近年環境問題がクローズアップされ、住宅にも消費エネルギーを削減するエコ住宅が求められています。
政府も太陽光発電の普及とともに省エネルギー性能の向上にも力が入れられています。

そんな中、宮崎の一般在来工法の高気密高断熱住宅で【床下に水が溜っていた】 という事故が起きたと聞き 危惧していたことが現実になったと思いました。

瑕疵を意識的につくるものはいません。ほとんどが施工者の認識不足から無意識におこしてしまうのです。

この事故も、省エネルギー性能に優れた いい家をつくろうとする気持ちから起きた無意識の瑕疵だろうと思います。

5年前でしたか、大手の建材メーカーが木造住宅に高断熱構造パネルを使った高性能在来壁工法として全国に営業展開しようとわが社にも来られました。
意気揚々と説明する営業マンに、採用するどころか、「この工法では壁体内結露を起こしますよ」と断言した事を思い出します。その時の営業マンはこの田舎建築士が!という思いだったろうと思います。
数年たってこの全国的な大手メーカーは私の予想通りの瑕疵を起こし、200件以上の瑕疵訴訟を起こされました。

実は省エネルギー性能に優れた住宅をつくるために高気密・高断熱化工事を丁寧に施工しようとすればするほど壁体内結露の問題に直面します。

30年前、工法上、構造用合板で気密化された2X4住宅もそうでした。
当時の 一般在来工法しか経験のないメーカーや工務店は
空気を留めるとどうなるかなど気にする由もなく
【断熱や気密】が、空気中の【湿度】とどのように因果するかなど知るすべもなかったのです。 

結果多くの伝説を産むことになります。

いわく
「2X4工法は湿気の多い日本の風土に合わないから木材が腐る」
「グラスウール断熱材は湿気で垂れ下がり カビが生える」
この批判もまた、知識不足な批判でしかありません。

問題はどこにあったのか?
それは【省エネルギー性能】と【水蒸気】の存在と関係を意識しないで
施工してしまったことが原因です。

【高気密化工事】には
省エネルギー性能に大きく貢献する【外気の侵入を遮る気密】 
と 
防湿を目的とした【室内の空気を遮る気密】
があります。

室内側の空気を遮る気密層=これを防湿層=ベーパーバリア と呼びます。

空気中の水蒸気量は普段【湿度○○%】などと表され、常に温度と密接な関係にあります。
単純に0℃の6畳間の部屋に空気は約3.7kgあります。この時 湿度55%と言えば 2リットル の水が含まれていることになります。

この空気中の2リットルの水は温度差が ±5 発生するところで水滴となって姿を現します。

実は今年施行された 長期優良住宅の認定基準から【気密性能の確保】が外されていました。
気密性を問わなくなった理由として、
「気密は各社それぞれのノウハウである程度施工されているでしょう(?)シックハウスの法律上 1時間に0.5回の換気を明記してあるので気密を厳格化しても(省エネルギー性能評価では)意味ないでしょう。」
という答えでした。これは、省エネルギー性能だけを注視するとそうかもしれません。しかし、それと不可分の関係である【温度と水蒸気】の関係【構造瑕疵】の可能性に対する大きな認識の欠落です。

先日発行された日経ホームビルダーという専門誌にも「外貼り断熱は壁体内結露しない」と捉えかねない表現になっていましたが、充填断熱でも外貼り断熱でも 水蒸気を絶縁するための処置=防湿層(ベーパーバリア)を連続してどこかに処置しなければ水蒸気を含んだ滞留空気が温度差を感知した瞬間、壁体内結露は起こりえます。

30年前、2X4ビルダーが経験した事故を忘れてしまったのでしょうか・・・。
壁体内結露は目に見えないところで木材を腐らせ、構造をむしばみます。

今後『長期優良住宅の標準仕様書』という錦の旗の下、多くのハウスメーカー・工務店が気密化工事を省エネルギー性能上の問題だけと勘違いし、室内側防湿工事をせずに高断熱高気密住宅を造っていったら、数年後多くの瑕疵を発生させていくのではないかと改めて危惧しています。
 
[PR]

# by kent_yano | 2009-12-28 12:05 | 住宅建築家「Y」のノート
2009年 12月 26日

長谷川のパンチ

長谷川穂積のパンチってスロー映像で見るとこんなになってたね。

これって、マンガでしか見たことない あのコークスクリューパンチ?

パンチってガツーーーんとこぶし握りしめて直線運動してるとばかり思ってました。
鞭みたいにしなってるんですね。
長谷川が特別なんでしょうねえ?
すごいことになってます。

http://www.dai2ntv.jp/player/index.html?item_id=NtvI10004159
15秒のCMの後始まります。
[PR]

# by kent_yano | 2009-12-26 16:46 | 日常の「Y」
2009年 12月 24日

ランドスケープ

legoで遊んでた娘の作品。

「これなあに?」

「まーちーよっ。」
見てわからんのか位の言い方。
「街って街?」
驚く父に、
「ここが 、耳の病院よっ!ここにヘリコプターが下りるとよ。」

4歳にして都市計画、いきなり街並み行くか?!

しかもかっこいいし、ところどころオーバーハングしてるし、
道路通ってるし、なかなか いけてるじゃん。
スゲーーーー!!!と素直に思った父でした。
f0189527_1756367.jpg
ホントに手加えてませんです。
[PR]

# by kent_yano | 2009-12-24 17:58 | はははhの「Y」
2009年 12月 18日

塗装職人と左官職人

K’s BASEの外装仕上げが始まった。
うちの現場には職人さんが多い。

今回は珪藻土の塗り壁で仕上げるので特に多い。
珪藻土の塗り壁仕上げには大工さん防水屋さん塗装屋さん左官さんとそれぞれの材料屋さんが加わる。
珪藻土と言っても、100%純粋な珪藻土ではない。
木材の伸縮、や揺れに耐抗するため若干の弾性を持たせてある。
外部材料で、ひと肌にもあたらないので 耐侯性を選んだ。

f0189527_10431642.jpg


今朝は仕上がり具合の確認。
塗装職人の梅木さんが珪藻土を吹き付け、左官職人の中武さんがコテでおさえる。
夏と冬では乾燥させる時間も水の量も全然違う。
当然仕上がり具合も変わってくる。

僕はコテの跡が残らないほうが好きだけど、おさえすぎてまっ平らになってしまうのもキライ。
骨材のブツブツ感を微妙に残す位がイイ。
ちっちゃなサンプルではわからない、その微妙な加減を現場で確認。

もう少しもう少しと言いながら調整していく。

この写真、実は一度目おさえ過ぎて気に入らずやり直してもらっているところ。
二回目にてOK!
天気予報を見ながら一気に仕上げる。

自分の家にいろんな職人さんの手が入って できてるって感じが僕は好きだけど、
最近は現場での作業効率を上げるため既成を使うことがほとんど。

ちなみに 
INAXのセラミック系で 8000円/m2くらいから
パワービルダーが使う外壁だと 1900円/m2 くらいからあるらしい
値段の差は使ってある塗料の差や耐火性能など元々安いのだが、売れ残りなど理由はいろいろあるらしい。
ここで注意!既製品を貼る場合、目地の防止シーリング材は常に太陽光線にさらされ紫外線劣化が避けられない。だから、防水性能をシーリング材に頼ってしまうと防止性能がなくなる。メーカーの製品保証は短期保証で2年しかない。10年保証と言っても一般論は台風時の雨の侵入は災害、雨漏りは普通の雨の時に起こるものと規定されている。
ので、宮崎の人間は塗り替えの時期は【台風で雨漏りする】という理由で防水を兼ねて塗りかえることになる。(ケントの防水仕様なら心配ないです。創業以来今だ防水メンテナンスで出動はしていません)

今回のような塗り壁仕上げのとき、いつもケントで使っているのは「アサヒほんばん」社の45分準耐火仕様でオートクレーブ養生された伸縮の少ない特殊なサイディングで目地をなくすように仕上げます。
値段は5500円/m2くらいから   これでも同じ仕様なら宮崎でずいぶん安い方、頑張ってます(^^);

元々シーリングに頼らない防水工事を下地の段階でしているので
塗り替えの時期は本人が【汚れた】ことに我慢できなくなるまではOK。
その際洗浄という手もあります。
数年たってアジが出るのは塗り壁だけど       
35坪くらいの家の外壁で210m2くらいはあるから、やっぱり60万円くらいは差が出る。
最後は財布と相談になりますなあ。
[PR]

# by kent_yano | 2009-12-18 10:51 | 住宅建築家「Y」のノート
2009年 12月 03日

長期優良住宅と次世代に残す住宅について

わが社は法律がなくとも規制がなくともなくとも 『次世代に残す住宅』 を自主規制によって提供し続けてきました。

その基本姿勢はこれかこれからも変わりありません。

昨年長期優良住宅の先導的モデル事業が募集され、意気揚々と申請に燃え、中央の情報を集めるにしたがってメーカー保護政策が明らかとなると、ようやく訪れた私達の思いが 裏切られたという落胆は大きく、改めて自主的な基準を設け問題点の本質を考え、消費者の利益を守ることがコスト面においても、最良であると確信し、自主的な耐震基準・防風基準・耐水基準・地盤基準・温熱基準・メンテナンス基準を設け、特に温熱環境に対し遮熱を取り入れた工法=サーマルルーフにより特許出願・商標登録出願にいたりました。

今年始まった一般的 長期優良住宅事業について申請したところ、当社の基準を基礎の配筋量とついて若干変更するのみで適合することができました。
しかし、その、設計審査は地盤調査結果に基づく基礎設計や地盤の10年保証も無く只決まりだからとコストのかかる頑強過ぎる配筋です。気密性は問わず魔法瓶の蓋を外して断熱性能だけを施行させたり、設計上の日射遮熱についての考慮はなく、只単に決まりだからと屋根の断熱材を倍にされるなど、口出すことはたくさんあります。耐震性能においては構造区画の考えもできていない設計士が金物の数だけ入れただけで合格している上、防水性能については瑕疵保証項目だから不問の姿勢。 この政府の長期優良住宅基準を、わが社にそのまま準用すると明らかにケントの家は宮崎の環境では大きくオーバースペックとなることがよくわかりました。

それはそれでいいことですが今まで次世代に残す住宅の本質を考え、自主的に耐震性は1、5倍。温熱環境についてはエネルギー消費量二分の一を実現することを当たり前に、かつコスト上げずに頑張ってきたケントとしては一律運用に????です。

基準法や政府の基準は最低基準でしか無く、それは目標とは言えず『最低限満たすべき必修課目』でしかありません。
これは耐震性の基準が大きく変わったと時にも今年10月から施行された瑕疵担保履行法の実質的強制保険加入よる保証基準の一律化の時にも感じました。
「基準をクリアーしたから問題ない」と言いながら、今も一般在来工法の耐震性に関する技術基準はバージョンアップしており、「基準をクリアーしたから問題なくは無い」のです。

つまり、基準をクリアーすれば=将来においての資産価値が約束されたわけではありません。
不動産屋さんの噂話ほど怖いものはありません。
それも含めて、住宅をつくるということは長期に渡って個人の資産を保護することを念頭に置いて考えねばなりません。

メーカー擁護の政策が見え隠れしますが、昔からその土地その土地の風土に合わせた工夫を実証しなさいという意図らしいですが最終的には設計者の判断とされています。

宮崎の 長期優良=次世代に残すために、物理的には台風を考慮した防水性を、感覚的にはデザインをおいては語られません。ホンの一手間一工夫で大きく変わるのです。
機能・性能・デザインを基本性能に、メンテナンス性、加えて環境性にも配慮した住宅こそが長期優良であると考えます。

過去13年間の、約70軒のケントのお家にお住まいになっていただいている皆様どうぞご安心くださいませ。
宣伝に負けないよう、昔も今もこれからも 変わらぬ家造りで、将来にわたってケントの家なら価値が高いというブランドを確立していきます。

そして、一般の皆様にもわかりやすい言葉・方法でケントの家づくりをアナウンスして行きます。


『本質を考える家造り』

これからもよろしくお願いします。m(_ _)m
[PR]

# by kent_yano | 2009-12-03 22:03 | 住宅建築家「Y」のノート
2009年 11月 20日

11月28日(土)宮崎市民プラザで講演します

【宮崎市男女共同参画社会 学習会】のひとつとして講演します。

話の発端は
宮崎市内で、不登校、引きこもり、自立支援、自殺予防など心のケアに活動している
【宮崎こころリンク】さんの、男女共同参画社会を考える活動の一環として行われるものですが
今回は宮崎市の採択事業として講演します。

テーマは
【女・男・住まい「昔と今とこれからと~間取りで見る家族考~】

江戸時代からの間取りや、戦後の公団住宅の間取り、マンガの間取り、これまで作ってきた間取り、など交えながら、女性と男性との社会との繋がりや現在取り組まれている
男女共同参画社会における今後の日本の住宅と家族のあり方を考えます。

まあ、私が講師ですから 気楽に楽しんでいただければと思っています。
参加自由ですので、お時間ございましたら是非お越し下さい。

■平成21年11月28日(土)
■18時30分開場;19時00分開講;21時00分終了予定
■宮崎市民プラザ4階大会議室
■定員80名
■参加費無料
■託児無料(要予約)

参加申し込み窓口は市役所にもあるそうですが、
問い合わせメールいただければ私のほうから提出いたします。

もし、よろしければです・・・。
詳しい情報は宮崎市役所のホームページで!
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/www/contents/1255913263912/index.html


ケントヤノ
f0189527_1712879.jpg

[PR]

# by kent_yano | 2009-11-20 17:12 | 住宅建築家「Y」のノート
2009年 11月 06日

どすえぇ

去年行った京都、二年坂からねねの道に向かう途中にあった
何とも気持ちのやわらぐ案内看板。

ちっちゃく
「八坂の塔は石段を上がって会いにお行きやす」
とも書いてある。
「棟に」「会いに」「お行きやす」
こいう一言で京都を実感します。
露地に迷い込む観光客が大勢いるんだろうなあ。
むむむ・・・!?
京都の人の性格を伝え聞くに
「迷惑なんどすえぇ」
とも言ってそうかあ?
f0189527_13382680.jpg

[PR]

# by kent_yano | 2009-11-06 13:37 | 日常の「Y」
2009年 10月 24日

ちくわパン

娘がうれしそうに「下のパン屋さんでも売りよった、おしいっちゃがっ!」と持ってきた。

まあ、人それぞれ好みはあるでしょう。
でもなんでパンにちくわ入れなきゃならんかねえ・・・。
ちゅうか、何で入れようと思ったンかねえ?
しかも小学生には大ウケってんだからまったくもってB級。
以前マクドナルドの世界進出を「食文化の幼稚化を促す」と嘆いていたフランスの有名シェフがいましたが、
このちくわパン等見るとあの時の危惧が現実なものとなってる気がしますな。
と言いながらも子供の手前、全否定するわけにもいかず口に運ぶ。

ちくわの中にはツナマヨがつめてあって、噛むと
ハシュ・フツ・ニュルって食感が新鮮!

結局「ありだ!」なんて思うのでした。
f0189527_1229447.jpg

[PR]

# by kent_yano | 2009-10-24 12:28 | 日常の「Y」
2009年 10月 20日

ホームページ

お久しぶりです。
ホームページ作成中でしたがサーバー移設に時間がかかるとの事で元に戻しました。

先走りでアップしてくれたはいいが今月いっぱい
仮ページのままになりそうな事態だったのでやむなしです。

全面改装にはもう少しかかるとの事ですが、必要最低限な部分だけでも今月30日にはアップすると約束してくれましたのでそれまでしばし、我慢.
出来上がりはこんな感じ。
お楽しみに(^^)

f0189527_18542851.jpg

[PR]

# by kent_yano | 2009-10-20 18:24 | 日常の「Y」